新着情報

高橋弘毅准教授が山梨科学アカデミー奨励賞を受賞しました。

2013.06.04

 経営情報系 高橋弘毅准教授が、山梨科学アカデミー奨励賞を受賞しました。この賞は、公益社団法人 山梨科学アカデミーが、学術研究・技術開発および教育等の分野ですぐれた成果を収め将来を嘱望される山梨県に関わりを有する個人、または、グループを対象に選考を行ない表彰するものです。

 受賞研究題目は「重力波初検出および重力波天文学創成に向けたデータ解析法の研究」です。重力波は、アインシュタインが一般相対性理論から得られる帰結の一つとして予言をし、「時空のさざ波」と呼ばれています。しかし、予言されてから100年近く経った今ですら未だ直接検出されていません。高橋准教授は、重力波発生の物理過程を深く理解し、それぞれの発生源からの重力波の特性を捉える解析法を研究しています。重力波検出という現代物理学および宇宙物理学における最重要課題の一つに取り組み、その最先端で大きなインパクトを与え、我が国のこの分野での若手リーダーの一人であり、今後の活躍が期待されることが受賞の理由です。

 授賞式は平成25年5月27日(月)に、山梨県甲府市で行われました。また、受賞講演は平成25年11月25日(月)に、同じく山梨県甲府市で予定されています。