新着情報

物質・材料系 石橋隆幸准教授が2012年度HODIC鈴木・岡田記念賞を受賞しました。

2013.06.11

 物質・材料系 石橋隆幸准教授が、2012年度HODIC鈴木・岡田記念賞を受賞しました。

 受賞の対象となった論文は「高視域のホログラフィ立体表示に向けた超高精細スピンSLM」です。2012年度 HODIC鈴木・岡田記念賞は、公益社団法人 応用物理学会分科会 日本光学会 ホログラフィック・ディスプレイ研究会において公開された論文の中で特に秀でたものに贈られます。授賞式は、5月31日(電気通信大学東3号館306号室)にて行われました。


【受賞内容の概要】

 鈴木・岡田記念賞は、年に1回ホログラム分野で活躍している人及びグループに贈られる名誉ある賞です。受賞した本論文は、自然な立体表示を実現するホログラフィによる3次元ディスプレイとして、高視域角と光速応答を両立したスピン注入型空間光変調器(スピンSLM)を提案し、実際に作製した1次元スピンSLMについて報告しています。また、ホログラムによる3次元画像の静的表示についても報告しています。本論文で提案しているスピンSLMが、将来の電子ホログラフィック・ディスプレイを担う素子としての潜在性が高く評価されました。

他の受賞者:町田賢司氏、青島賢一氏、加藤大典氏、金城秀和氏、久我淳氏、菊池 宏氏、 清水直樹氏(NHK放送技術研究所)