新着情報

第2回国際技学カンファレンス(The 2nd International GIGAKU Conference)を開催しました。

2013.07.03

 6月21日(金)から23日(日)の3日間、本学を会場に第2回国際技学カンファレンスin長岡が開催されました。これは、本学の教育研究理念である“技学”を世界的に発信することを目的に開催されている国際学会で、第2回目の開催となった今回は、イギリス、アメリカ、ドイツ、メキシコ、中国、韓国、ベトナム、タイ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル等の多くの海外からの参加者も含め、450名もの方に御参加いただき、盛大に開催されました。

 22日(土)は武藤理事・副学長から本学の教育研究と技学の関係についての講演が行われ、続いてメキシコのグアナファト大学カブレラ学長、ミャンマーの科学技術大臣顧問(ヤンゴン工科大学の元学長)からそれぞれの立場での技学への期待について講演をいただきました。また、帝国石油開発の原田理事(本学客員教授)からはメタン活用に向けた学際プロジェクトにおける技学アプローチの実践例、ダイハツ北沢理事からは自動車開発プロジェクトにおける技学アプローチの実践例の報告が行われました。

 分科会セッションは GIGAKU and Green, GIGAKU and Material Design, GIGAKU and Innovation, GIGAKU and Education, GIGAKU and Safety の5分科会に分かれて行われ、口頭発表100件、ポスター発表が120件超と活発な討論が行われました。

 22日(土)の夜には長岡グランドホテルでバンケットが行われ、参加者は地元の料理・酒を肴に研究談義に大いに花を咲かせていました。

新原晧一学長からの挨拶 基調講演の様子
ポスターセッションの様子 バンケットの様子