新着情報

物質・材料系 多賀谷基博 助教が、第18回DV-Xα研究協会奨励賞を受賞しました。

2013.10.04

 物質・材料系 多賀谷基博 助教が、第18回DV-Xα研究協会奨励賞を受賞しました。受賞の対象となった研究題目は、「高次構造制御された無機/有機ナノ複合体の創製と光機能化」です。

 第18回DV-Xα研究協会奨励賞は、DV-Xα研究協会において、今後の活躍が期待できる若手会員(満40歳以下)を表彰するもので、将来性に富む研究者へ授与され、称えられるものです。受賞者は、その栄誉を称えて、受賞講演を行う機会も与えられます。


【受賞内容の概要】

 受賞対象の研究では、ナノ構造を有する無機材料表面へ有機分子を化学的に接合させて、その接合界面を光化学と分子軌道計算によって解析・考察し、異種材料が複合的に相互作用をして光機能化する界面を創出しました。発光素子材料や細胞可視化材料としての応用の可能性を提唱しています。このような研究は、類がなく、独創性が高く、次世代のバイオエレクトロニクス分野へ貢献されるものと期待されるため、受賞に至りました。