新着情報

第7回小千谷産学交流研究会を開催しました。

2013.08.19

 8月7日(水)に小千谷市総合産業会館サンプラザにおいて、本学、新潟大学、新潟工科大学、小千谷市、小千谷商工会議所、小千谷鉄工電子協同組合が主催し、第7回小千谷産学交流研究会を開催しました。

 これは、小千谷市内の企業の振興を目的に、小千谷市が主体となり2007年から毎年行っているものですが、小千谷市と包括的連携協定を締結している本学も平成23年度から主催者として参加をしているものです。

 今年度は、山梨大学ワイン科学研究センター奥田徹教授から「地域に密着した産学連携と人材育成~失敗と成功を分けるもの~」と題した基調講演の後、「ライフスタイル」、「雪・エネルギー」、「ロボット」の三つのテーマに分かれて、それぞれ本学、新潟大学、新潟工科大学の研究者をアドバイザーにグループディスカッションが行われました。

 本学宮下幸雄准教授がアドバイザーを務めた「雪・エネルギー」のグループでは、バイオマス資源有効利用、雪エネルギー利用、風力発電などについての具体的な取り組みについて活発に討論が行われました。

 また、グループディスカッション終了後には主催大学研究者への個別の技術相談が行われ、参加者から多くの相談が寄せられるなど、充実した研究会となりました。

 本学は、積極的に近隣地域と包括的連携協定を締結しており、今後も地域企業等の振興等に協力していきたいと考えています。

大学関係者と小千谷市内の企業の方々との交流 参加大学のパネルブース