新着情報

モンゴル国 ロブサンニャム ガントゥムル教育科学大臣一行が本学を訪問されました。

2013.11.25

 11月21日(木)にモンゴル国 ロブサンニャム ガントゥムル教育科学大臣、Ch.バーサンダシ モンゴル国立科学技術大学副学長、N.ドラムジャブ モンゴル国立教育大学対外関係センター長が本学を訪問され、学長をはじめとする執行部と技術科学教育の振興について意見交換を行いました。

 ガントゥムル大臣は1996年に仙台電波高専(現 仙台高専)を卒業された後、本学工学部電気・電子システム工学課程に編入され、1998年3月に卒業された本学OBであり、昨年8月に日本留学経験者として初めてモンゴル国教育科学大臣に就任されました。

 「おかえりなさい、母校へ」の気持ちを伝えるために集まった多くの教職員に出迎えられた大臣は、「母校で多くの方々に歓迎していただき、大変感激しました」とコメントされ、当時の指導教員である和田安弘電気系教授と歓談したほか、大臣の“後輩”に当たるモンゴル国からの留学生を激励されました。

 本学は今回の機会を踏まえ、モンゴル国からの留学生受け入れや研究交流の推進、技術科学教育のノウハウ提供等を通じ、モンゴル国の発展に協力して参ります。

           
おかえりなさい!ガントゥムル大臣執行部と懇談するガントゥムル大臣
ガントゥムル大臣、新原学長と大臣随行、本学執行部、和田教授(大臣の指導教員)、モンゴル国からの留学生の記念写真かつて学んだ研究室を訪問