新着情報

「東京モーターショー 2013」においてダイハツ工業株式会社が出展した新技術に本学は技術協力しています。

2013.12.03

 11月23日(土)から12月1日(日)に東京ビッグサイトで開催された、第43回東京モーターショー2013 (The 43rd Tokyo Motor Show 2013)に本学と包括的連携協定を締結している「ダイハツ工業株式会社」も出展し、ブースでの新しい技術の展示に多くの来場者が訪れました。

 ダイハツ工業株式会社が出展した新技術には、本学も共同研究パ-トナーとして技術提供をしており、期間中には、本学新原晧一学長ほか関係教員や学生もブースを訪れ、ダイハツ工業の担当者からそれぞれの車や今後の事業展開などについての説明を受けるなど、包括連携協定の成果を確認しました。

 ダイハツ工業株式会社とは平成23年6月に科学技術の振興及び産業と社会の発展に寄与することを目的に包括的連携協定を締結し、相互の研究開発、人材育成などの連携をしております。今後もこの協定を基として、本学の技術を我が国の未来に活かしていきたいと思います。


今回の東京モーターショーでのダイハツブース展示技術の紹介サイトはこちらからご覧になれます。
「燃費向上のために、エネルギーを上手にいかす新しい技術」→「NEXT もうすぐ手が届くよ!さらに新しい技術!」
→「温度変化de発電-排気ガスの温度変化から電気をつくる」が本学が技術提供したものです。
           
多くの来場者で溢れた会場本学も共同研究開発パートナーとして紹介されました
ダイハツブースで説明を受ける新原学長ダイハツブースでの本学教員と学生