新着情報

平成25年度学長と学生との懇談会を開催しました。

2013.12.20

 12月13日(金)に本学第一会議室において、学長と学生との懇談会を開催しました。

 この懇談会は、学長と学生との懇談を通じ、学生の希望や意見を適切に把握し、今後の学生生活支援のさらなる充実を図ることを目的に毎年開催しているもので、今年度は、クラブ連絡会から2名、技大祭実行委員会から2名、サークル代表として2名、学生宿舎及び国際学生宿舎から各1名、学外で活躍している学生1名の総勢9名の学生が参加しました。

 今年度は、参加学生から事前に寄せられた懇談希望の中から「学生の学業以外の学生活動」をテーマに、クラブ連絡会会長の得能基史さん(環境システム工学課程3年・富山高専出身)の司会進行のもと、新原晧一学長や武藤睦治理事・副学長、宮崎一之理事・事務局長と学生たちが意見交換を行うとともに、大学側からの要望で、学生から本学への想いについて発表をしてもらいました。

 学生からは、サークル活動の意義や学外活動の重要性等についての想いや,それに対して大学側に望むことについて意見があり,新原学長らは学生の想いを受け止め、大学の現状や今後の展望等を交えながら回答をするなど、和やかな雰囲気のもとで活発な意見交換がなされました。

 また、懇談会の最後には、学生から本学への想いを聞いた学長から、「自分の考えを持つことが大切であり、その基礎を作り上げる場が大学である。個々の学生が可能性を見出すための教育を行うのが大学である」「学生というのは教えを乞う権利がある。教員をはじめとして大学や社会人は、学生に教える義務がある。だからこそ、知りたいことは臆せず積極的に尋ねてもらいたい」等といった言葉があり、学生たちはうなずきながら熱心に聞き入る等、最後まで熱気ある懇談会となりました。

 なお、今回時間の都合で懇談できなかった学生からの要望や提案事項等についても、関係部署が中心となり順次対応していく等、今後も学生の要望を適切に把握し、本学がよりよい教育・研究活動の場となるよう努めて参ります。

     
新原学長(写真右)の希望で、急きょ学長と武藤理事・副学長(写真左)に並んで司会進行をすることになった得能クラブ連絡会会長(写真中央)活発な意見交換の様子