新着情報

高橋一匡助教が電気学会優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)を受賞しました。

2014.09.04

 電気系  高橋一匡 助教が、電気学会優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)を受賞しました。受賞の対象となった論文は「ソレノイド磁場によるレーザーアブレーション・プラズマのフラックス制御」です。本賞は、電気学会の大会発表および研究会発表のうち優秀な発表を行った若手研究者に贈られます。表彰式は、8月21日に電気学会 基礎・材料・共通部門大会(信州大学)において行われました。


【受賞内容の概要】

 イオンビームは材料の加工、放射線治療、物理実験などに利用されている他、核融合発電のドライバーとして検討されており、ビームの大電流化が求められています。受賞対象となった論文は、イオンビームの供給源となるレーザーアブレーション・プラズマの磁場による制御の可能性を明らかにしたものです。
 本研究をさらに発展させ、プラズマ制御技術の確立によりイオンビームの大電流化が期待されています。

  
表彰式

電気学会優秀論文発表賞表彰式の様子