新着情報

平成26年度文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択されました。

2014.10.01

 文部科学省「大学の世界展開力強化事業」は、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目指し、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行うアジア・米国・欧州等の大学との国際教育連携の取組を支援することを目的として、文部科学省において平成23年度から開始された事業です。
 平成26年度は、「ロシア、インド等との大学間交流形成支援」として、両国の大学間で、質の保証を伴った交流プログラムを実施する事業に対して支援が行われることとなっており、本学が申請したインド工科大学マドラス校(IITM)及びインド情報・設計・生産技術大学カーンチプラム校(IIITD&M)との「長期インターンシップ実績を活用した南インドとの共同実践的技術者教育プログラム」が採択されました。
 本学はこれまでも他大学に先んじてツイニング・プログラムやダブルディグリーなどの教育プログラムを開拓・実施して留学生を積極的に受け入れるとともに、平成2年度からは多数の学生を6か月間海外企業に派遣して実務を経験させる海外実務訓練など日本人学生の海外派遣などにも積極的に取り組んでおり、こうした実績と技学(技術科学)に基づく教育・研究の海外展開の実績が評価され、我が国の大学の世界展開力を促進する大学として事業に採択されました。
 今後は、ジョイントディグリープログラムなどの質の保証された共同教育体制及び産学官連携ネットワークを構築するとともに、海外実務訓練の一層の拡充を図り、日系企業及び現地企業を牽引するイノベーティブな実践的グローバル技術者を養成する教育プログラムを整備し、将来的には本事業で実現する教育プログラムをインドの他大学をはじめ、世界の戦略的海外拠点に展開して参ります。