新着情報

学位記授与式(12月)を挙行しました。

2014.12.26

 12月24日(水)、本学において学位記授与式を挙行しました。

 学位取得者は大学院博士後期課程修了者3名で、修了者のご家族や本学関係者が見守る中、はじめに新原学長から学位記が授与され、引き続き新原学長から挨拶、修了者に対してのはなむけの言葉が贈られました。

 今回、本学の国際連携教育プログラムのひとつである、博士後期課程のダブルディグリー・プログラム(釜山国立大学(韓国))から初めての修了者を出しました。このプログラムは海外の協定大学と本学間での留学を通じ、本学の学位と相手大学の学位を双方取得できる教育プログラムです。今回の修了者は、釜山で材料合成後、長岡で観察・解析を行い、一つの大学では得にくい幅広い知識を修得することができました。一方向の外国留学とは違い、このダブルディグリー・プログラム修了生は、2つの大学をほぼ同時に経験することでそれぞれの特長を比較できる、真の異文化体得者です。この経験から、2国間の架け橋となることをも期待されています。

 本学は、今後も教育の質の保証を確保しつつ、国際社会での活躍が期待される実践的グローバル技術者の人材育成、また、新たな国際連携教育プログラムの構築に取り組んでまいります。