新着情報

モンゴルにGIGAKUテクノパークが開所しました。

2015.03.10

 平成27年3月2日(月)に、モンゴル科学技術大学内に設置されたGIGAKUテクノパークモンゴル事務所の開所式を行いました。本事務所は「スーパーグローバル大学創成支援」事業の本学の重要な構想の一つであり、帯金学長特命教授が常駐します。この拠点の主な目的は、モンゴル科学技術大学(MUST)をはじめ、モンゴル国内でベンチャービジネスを起業したい学生や教職員へのサポートと、学生の実践的な教育への支援、現地企業・日本企業・両大学が協働してのベンチャー起業を目指すものです。

 当日はMUST内において調印式を行い、Baatar Ochirbat MUST学長と新原学長がGIGAKUテクノパークモンゴル事務所開所にかかる協定書に署名しました。調印式には多数の現地マスコミが取材に訪れ、新原学長やOchirbat学長等へのインタビューが行われました。加えて、新原学長、東理事・副学長、中山准教授が、モンゴルテレビの教育番組担当者から、1時間から2時間にわたるインタビューを受けました。このインタビューの内容は、40分番組として2回に亘り近日中に放映される予定です。

 同日夕刻には、ウランバートル市内にあるBest Western Premier Tuushin Hotelにおいて、本拠点の開所祝賀会を行いました。祝賀会にはGantumurモンゴル国教育文化科学大臣をはじめとしたモンゴル国政府関係者、山本在モンゴル日本国大使館一等書記官(清水全権大使代理)をはじめとした大使館関係者、Baasandash 副学長、Tsolmonbaatar機械および輸送工学校長をはじめとしたMUST関係者、JICA関係者、企業関係者等、約40名の方々にご出席いただきました。祝賀会では、Gantumur大臣、Erkhembulgan Purevdorj教育文化科学省高等教育局長、山本一等書記官、Baasandash 副学長から祝辞をいただき、本拠点が大学間だけでなく日本とモンゴルとの交流の懸け橋になる今後の展開について参加者が熱い意見交換を行いました。

 このたびのGIGAKUテクノパーク開所を機に、モンゴルの産業の更なる活性化や日本とモンゴルの教育・研究をはじめとした様々な分野での連携強化を図ってまいります。

調印式の様子

調印式の様子

代表者によるテープカット

代表者によるテープカット

祝辞を述べるGantumurモンゴル国教育文化科学大臣

祝辞を述べるGantumurモンゴル国教育文化科学大臣

集合写真

集合写真