新着情報

「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」を開催しました。

2015.05.26

 5月16、17日の両日にわたり「セキュリティ・ミニキャンプ in 新潟」が、本学のマルチメディアセンター、講義棟、およびアクアーレ長岡を会場として開催されました。情報セキュリティに関わる若手の高度IT人材を発掘・育成する場としてセキュリティ・キャンプ(全国大会)が2004年から開催されていますが、その裾野を拡げるとともに地域における人材育成を活性化することを目的として、2013年から地方大会であるミニキャンプが開催されるようになりました。今大会は、新潟県では初のセキュリティ・ミニキャンプの開催です。
 大会では、一般講座と合宿講座とが開講されました。一般講座は16日午後に本学マルチメディアセンターで開催され、約70名の参加がありました。合宿講座は25歳以下の学生・生徒を対象とし人数も20名に限定した講座です。16日の夕方からアクアーレ長岡でナイトセッションを行って、そこで宿泊し、翌日の17日に本学の講義室で実習形式のIoT (Internet of Things)に関するセキュリティの講習を行いました。合宿講座には定員をはるかに越える申込みがあり、選考により涙を飲んだ学生も多かったのですが、本学から申込んだ学生6名は全員が選考をパスし参加しました。約半数の合宿参加者が県外からであり、彼らの技術や意識のレベルは高く、県内の学生は良い刺激を受けていたようです。
 コンピュータやスマートフォンはもちろんのこと、家電製品から自動車まで生活に関わるあらゆる物がインターネットに接続される時代が、すぐそこまで来ています。これらに対するセキュリティを担保するために、高度IT人材がますます必要とされる時代になっています。本大会の開催をきっかけとして、新潟県においても、多くの若手IT人材を育成できる体制の構築が望まれます。
 

マルチメディアセンターでの一般講座

マルチメディアセンターでの一般講座

アクアーレ長岡でのナイトセッション

アクアーレ長岡でのナイトセッション

101講義室での実習

101講義室での実習