新着情報

マレーシア科学大学(Universiti Sains Malaysia)の学長が新原学長を表敬訪問しました。

2015.05.28

 5月27日(水)マレーシア科学大学学長Prof. DATO’ Omar Osman、化学科長Prof. Wan Ahmad Kamil Mahmoodが新原学長を表敬訪問しました。
 新原学長、東理事・副学長、末松教授(原子力システム安全工学専攻)、小林教授(技術科学イノベーション専攻)との打ち合わせでは、学生・教員交流、共同研究の更なる強化やGIGAKUテクノパーク構想についても活発に意見交換され、今後の大学間の連携強化に向けた有意義な話し合いの場となりました。
 マレーシア科学大学とは平成17年10月に学術交流協定を締結してから学生の双方向派遣やジョイント・シンポジウムの開催などの連携を続けており、今後も産学官連携も含めた交流を活発化していきます。