新着情報

平成27年度学生指導研究会を開催しました。

2015.11.16

 11月11日に本学マルチメディアシステムセンターにおいて「平成27年度学生指導研究会」を開催しました。
 本研究会は、日頃学生指導業務を担当している教職員が一堂に会して学生指導の諸問題について討議を行い、より一層の資質の向上を図ることを目的に毎年開催しています。
 今年度は新潟大学教育学部特別支援教育専修教授 長澤正樹氏より「障害者差別解消法施行に当たっての合理的配慮の考え方」をテーマにご講演いただきました。講演後、学内における個別配慮の必要な学生への学内連携支援の事例についての報告を行い、参加した約50名の教職員は熱心に耳を傾けていました。
 長澤氏より障害者差別解消法の基本的な考え方、行政・事業者の役割、合理的配慮、意思表示、理解啓発などについて、分かりやすく説明していただき、併せて新潟大学の取り組みについて紹介がありました。質疑応答では、障がいのある学生に対する企業の対応について丁寧にご説明いただきました。
 学内における個別配慮の必要な学生への学内連携支援の事例では、本学の学務課、学生支援課、就職支援室、学生自習用パソコン室・学習サポート室、学生相談室、体育・保健センターより個別に支援の必要な学生への連携支援の流れ、学生連携支援の枠組、具体的支援の取り組みについて報告がありました。
 本学では、今後も学生支援体制の更なる充実に向けて、引き続き取り組んで参ります。

新潟大学教授 長澤正樹氏の講演

新潟大学教授 長澤正樹氏の講演

事例報告の様子

事例報告の様子