新着情報

タイ王国パンニャピワット経営大学とのシンポジウムを開催しました。

2015.11.27

 平成27年11月11日にタイ王国バンコク市近郊にあるパンニャピワット経営大学(Panyapiwat Institute of Management, PIM)において、同大学と本学との教育研究交流のためのシンポジウムが開催され、本学からは三上喜貴理事・副学長(国際連携・産学連携担当)をはじめ教員4名,学生1名が参加しました。このシンポジウムは、本学情報・経営システム工学専攻との部局間学術交流協定先である同大学工学部と、教育および研究に関する情報を相互に交換し、交流を一層深めることを目的に、今回初めて開催されたものです。

 シンポジウムは、相互の大学および部局の教育研究活動の概要説明に始まり、その後、双方から情報技術分野を中心に計6件の研究報告がなされました。PIMからは、工学部の教員だけでなく学生も多く聴講しており、本学の教育と研究を強く印象付けることができました。

 PIMは、タイ王国でコンビニエンスストアやスーパーマーケット等を手広く展開しているCP All社が設立した大学であり、"Creating Professionals through Work-based Education"をモットーとしています。教育では長期のインターンシップを実施しており、研究においても企業との共同による実践的なテーマを多く手掛けています。実務訓練を実施し実践的な教育研究を旨とする本学とは、方向性が似ています。

 これを機会として、同大学との教員・学生の交換,共同研究の実施など、より交流を深めるとともに、部局間に留まらずより広範な交流を目指して参ります。

出席者全員での記念撮影

研究発表の様子