新着情報

福田雅夫教授が日本農芸化学会功績賞を受賞しました。

2016.04.27

 生物機能工学専攻 福田雅夫教授が、日本農芸化学会功績賞を受賞しました。日本農芸化学会功績賞は、農芸化学の分野および日本農芸化学会の発展に寄与した功績に対し贈られます。授賞式は、平成28年3月27日に日本農芸化学会2016年度大会(北海道札幌市・札幌市教育文化会館大ホール)において行われました。

【受賞内容の概要】
 福田教授は、独自に単離した環境汚染物質PCBの分解微生物におけるPCBを含む芳香族化合物の分解酵素系を解析し、多様な化合物を同時に分解できるユニークな分解酵素システムの全容とその誘導制御機構を明らかにしました。世界の研究者に強力なインパクトを与えた点と、それらの研究成果をもとに環境研究分野に貢献した点が評価されました。更にカナダとの共同研究で全DNA配列を解明したことから、興味を持った世界各国の研究者がこの分解菌の研究に取り組んでいます。

日本農芸化学会功績賞 賞状

日本農芸化学会功績賞 賞状

植田和光 日本農芸化学会会長から表彰を受ける福田教授(左)

植田和光 日本農芸化学会会長から表彰を受ける福田教授(左)