新着情報

新授業『囲碁で養う実践力』を開講しました。

2016.04.28

 本学では、平成28年度から新授業『囲碁で養う実践力』を教養科目として開講いたしました。本授業は、公益財団法人日本棋院の全面的な協力によるもので、プロ棋士と本学の教員3名が担当しています。囲碁の対局を通して、学生の総合的な実践力の向上を図ります。
 本授業は、囲碁を知らない者または初心者を対象とし、授業で囲碁を学ぶことにより、最終的には19路盤で対局できるようになることを達成目標とします。また、プロ棋士である小長井克八段(日本棋院棋士)による囲碁の解説や指導が伴います。
 第1回の授業では、約5倍の履修希望者の中から履修希望調査書により選ばれた20名の学生に対し、熱心に授業が行われました。
 囲碁の世界や歴史を学ぶと共に、囲碁の実践対局を通して、論理的思考力、コミュニケーション能力、大局観、バランス感覚を養い、総合的な実践力の向上につながることが期待されています。

 
小長井克八段による熱心な授業

小長井克八段による熱心な授業

小長井克八段による熱心な授業

小長井克八段による熱心な授業