新着情報

鹿児島大学水産学部と包括的連携に関する協定を締結しました。

2017.10.31

 本学は、10月27日に鹿児島大学水産学部と包括的連携に関する協定を締結しました。
 本協定は、包括的な連携のもと、多様な分野で相互に協力を図り、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的としています。
 具体的には、鹿児島県長島町にある鹿児島大学水産学部の附属海洋資源環境教育研究センター(東町ステーション)の臨海実験施設を拠点に、海産物の養殖関連の共同研究を行うとともに、地域活性化のための取組を行うこととしています。
 鹿児島大学水産学部において行われた締結式では、東信彦学長と越塩俊介水産学部長が協定書を交わしました。挨拶で東学長は「本学の実践的な技術開発を活かし、地域活性化を行っていきたい」と述べ、越塩水産学部長は、「本連携を契機に研究発展のきっかけにしたい」と述べました。
 今後は、本学の得意とする水質管理やバイオマス関連の技術を使い、共同研究を開始することとしています。

写真左から、越塩 鹿児島大学水産学部長、東 学長

写真左から、越塩 鹿児島大学水産学部長、東 学長

記念撮影

記念撮影