新着情報

長岡・豊橋両技術科学大学と高専機構が連携・協働した教育改革事業「最終成果報告会」を開催しました。

2018.02.09

 2月1日(木)、「三機関が連携・協働した教育改革~世界で活躍し、イノベーションを起こす実践的技術者の育成~」最終成果報告会を開催しました。
 この事業は、平成24年度に文部科学省の国立大学改革強化推進補助金事業に選定され、長岡技術科学大学・豊橋技術科学大学・国立高等専門学校機構の三機関が連携して取り組んできたものであり、今年度で6年間の事業が終了することから、その成果を報告する一つの区切りとして開催しました。

 本報告会は、衆議院議員 根本幸典 代議士、八木哲也 代議士をはじめ、産業界、高専関係者等、総勢約150名の方々にご参加いただき、盛大に開催されました。
 開会挨拶では、本学の東学長及び大西 豊橋技術科学大学長からの挨拶に続き、北野 允 文部科学省高等教育局国立大学法人支援課大学戦略室長から本事業成果の期待が述べられました。
 第1部においては、「高専教育高度化・高専連携」、「グローバル指向人材育成」及び「イノベーション指向人材育成」の三つの観点について、三機関の各事業担当者から事業の全体概要及び事業終了後の展開、事業参画学生及び教員から海外実務訓練、グローバルFD及びイノベーション事業に参画したことについて、様々な視点から工夫を凝らした事業報告が行われました。
 また、第2部では、第5回技術科学教育研究推進協議会が三機関の長及び外部委員8名による公開ディスカッション形式で開催され、産業界及び学術界からの視点でこれまでの取り組みを評価いただくとともに、「より産業界にアピールをし、連携・進化していってほしい」など、今後に繋がる多様なご意見をいただき、最後に谷口 国立高等専門学校機構理事長からの挨拶にて閉会しました。
 補助事業は最終年度となりますが、今後も三機関は一層連携・協働し、イノベーションを創出し、加速的・効果的にグローバル化に対応できる、世界で活躍する実践的・創造的技術者の育成に向けた教育改革に取り組んでまいります。

 

【技術科学教育研究推進協議会出席外部委員】
・Asma Ismail マレーシア科学大学 学長
・大石善啓 ㈱三菱総合研究所 常務研究理事
・川口順子 明治大学国際総合研究所 フェロー
・小林 誠 高エネルギー加速器研究機構 特別栄誉教授
・榊 裕之 豊田工業大学 学長 
・二橋岩雄 トヨタ自動車九州㈱ 代表取締役会長
・前田裕子 ㈱セルバンク 取締役
・三島良直 東京工業大学 学長(議長)

北野室長挨拶

北野室長挨拶

海外実務訓練参加学生発表

海外実務訓練参加学生発表

海外実務訓練参加学生発表

海外実務訓練参加学生発表

イノベーション人材育成参加学生発表

イノベーション人材育成参加学生発表

イノベーション人材育成参加学生発表

イノベーション人材育成参加学生発表

グローバルFD派遣教員発表

グローバルFD派遣教員発表

本事業で作成した教科書展示

本事業で作成した教科書展示

最終成果報告会満員の会場

最終成果報告会満員の会場

前田委員、大石委員、川口委員

前田委員、大石委員、川口委員

榊委員、小林委員

榊委員、小林委員

三島議長

三島議長

Asma委員、二橋委員

Asma委員、二橋委員