入学試験

受験生の皆さんへ
本学における入学者受入方針(アドミッションポリシー)

工学部、大学院工学研究科

各課程・専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

学部1年

学部3年

修士課程

工学部(1年)

長岡技術科学大学は、活力(Vitality)、独創力(Originality)及び世のための奉仕(Services)を重んじるVOSの精神をモットーとし、グローバルな技術展開のできる高度な実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者の養成を目指しています。この目的を達成するために、本学はすべての学部入学者に対し、大学院進学を前提とした学部から大学院までの一貫教育を行っています。そこで、本学は入学を希望する学生に対し、次のような能力と資質を求めます。

  • 技術や科学に強い関心をもち、それにかかわる学習に必要な基礎学力をもつ人
  • 知識をもとに思考を深め、それにより判断したことを適切に表現できる人
  • 新しい分野の開拓や理論の創出、ものづくりに意欲をもち、技術や科学を通じて社会に貢献したい人
  • 自ら積極的に学習や研究に取り組み、問題解決のために多様な人々と協力できる人
  • 優れた個性を発揮し、人間性が豊かで、責任感のある誠実な人

本学は学生に求める能力・資質を以下の方法で評価します。

〈推薦入試〉

  • 調査書・推薦書により、高校時代の学習・活動歴、及び学力を評価します。
  • 小論文により、知識をもとにした思考力・判断力・表現力を評価します。
  • 志望調書と面接により、人物・適性、及び基礎学力を評価します。

〈学力入試〉

  • 大学入試センター試験により、基礎学力を幅広く評価します。
  • 個別学力検査により、数学と理科のより高度な学力、及び思考力・判断力・表現力を評価します。

〔機械創造工学課程〕

ものづくり産業を支える先端的機械分野

1.求める学生像

機械創造工学課程では、機械工学分野の基盤となりものづくり産業の発展を支える以下の各分野で活躍できる、自主的・実践的・国際的な、基礎から応用までの幅広い能力を備えた指導的技術者の育成を目指しています。

  • 制御、ロボット、システムなどの情報・制御分野
  • 生産、機械要素、設計、加工、安全、生産技術などの設計・生産分野
  • 環境、熱、流体、燃焼、エネルギー、福祉・医療情報などの熱・流体分野
  • 新材料開発、材料強度、材料加工、材料物性、新素材などの材料分野
  • 分野を横断し新しい機械工学領域を創成する融合テクノロジー分野

そのため、次のような学生を広く求めます。

  • ものづくりに強い関心を持ち、機械工学に関連のある新しい分野を切り拓く意欲を持つ人
  • 持続的な人類の発展において欠かすことのできない、安全・福祉・健康の技術を追求することにより社会に貢献する意欲のある人
  • 技術を科学的に捉えるための数学や自然科学の基礎を理解し、それを応用することで技術の発展に貢献する意欲のある人
  • グローバルな技術者として活躍できるコミュニケーション能力及び専門知識を身に付ける意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」の3つの区分のうち2つの区分に係る知識と学力
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、機械創造工学課程の授業内容を理解するために必要な数学・理科・情報関連科目・機械工学・機械実習関連科目と、思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます。

〔電気電子情報工学課程〕

豊かで安全・安心な社会を支える電気電子情報工学分野

1.求める学生像

 電気電子情報工学課程では、現代社会を支えるエネルギーシステムの技術者、高度情報化・効率的エネルギー・安全安心を指向した社会を支える電子・光等の複合機能をもつ先端デバイスの技術者、及び情報通信制御分野を中心とする先端ハード・ソフトウェアの技術者を育成します。電気エネルギーシステム・制御工学、電子デバイス・フォトニクス工学、情報通信制御システム工学の各分野が、系統的に学べるように配慮されています。第1、2学年では主として専門基礎科目を学習し、第3学年からは電気エネルギーシステム・制御工学、電子デバイス・フォトニクス工学、情報通信制御システム工学の3つのコースに分かれて専門科目を修得します。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 電気・電子・情報工学に関心を持つ人
  • 目標を立て、計画的に学習に取り組むことができる人
  • 一意に解が定まらない問題の解決に必要となる思考力・判断力・表現力を高める意欲のある人
  • 自らの考えを多様な人々に文書や口頭で明快に表現できるコミュニケーション能力を高め、当該分野での諸問題を協働して解決していく意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「物理基礎・物理」の知識、「化学基礎・化学」の基礎的な知識
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

 また、アクティブラーニング(体験学習、インターンシップ、課題研究およびプレゼンテーション等)の要素を備えた科目を履修しておくことが望まれます。

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、電気電子情報工学課程の授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び専門分野の科目、また思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます。

 また、アクティブラーニング(体験学習、インターンシップ、課題研究およびプレゼンテーション等)の要素を備えた科目を履修しておくことが望まれます。

〔物質材料工学課程〕

創る喜びを。探求する心を。新材料で世界を変える…。

1.求める学生像

 物質材料工学課程では、産業の主役となる分野の材料、特にエレクトロニクス、情報通信、エネルギー変換、クリーン環境、生体、安全などの最重要分野において、最先端材料を開発できる能力を持つ技術者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 材料に興味をもち、新材料の開発に積極的に挑戦しようとする意欲のある人
  • 様々な現象を注意深く観察し、論理的に問題解決に挑戦しようとする意欲のある人
  • 国際人として国内外で活躍しようとする意欲を持ち、多様な人々と協力できる人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学I、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「化学基礎・化学」の知識、「物理基礎・物理」の基礎的な知識
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、物質材料工学課程の授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び専門分野の科目、また思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます。

〔環境社会基盤工学課程〕

サステナブルな社会をめざす、創造的社会基盤工学分野

1.求める学生像

 環境社会基盤工学課程では、人類の健全な社会・文化・経済活動を支える種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持するための専門基礎知識、及び、総合的かつグローバルな視点からサステナブルな社会へ貢献し、巨大災害へも対応できる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者を育成することを目的としています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 総合力:自然環境、人類の文化的・経済的活動と社会基盤技術との関連を常に意識して、物事を多面的に考えるとともに、人々の幸福と福祉に総合的に考える素養をもつ人
  • 責任力:社会基盤技術が社会や自然環境に及ぼす影響を理解し、社会基盤に関わる技術者は自らの技能を行使して社会に奉仕する責任があることを自覚している人
  • 基礎力:基礎的な数学や物理等の自然科学の素養、及び情報技術に関する素養を持ち、それらを社会基盤技術に応用する意欲をもつ人
  • 専門力:社会基盤に関わる主要専門分野の知識を習得し、問題の解決に応用する意欲をもつ人
  • 解決力:社会基盤に関わる専門的な知識・技術を結集して課題を探求し、具体的な方針を組み立て、工学的に考察するとともに、必要に応じて他者と協力して解決する意欲をもつ人
  • 説明力:理論的な記述力、口頭発表能力、コミュニケーション能力、及び、国際的に通用する技術者としての基礎的な語学力を身につける意欲をもつ人
  • 学習力:大学院及び実社会において最新の高度な専門技術を修得するために、自ら積極的に継続して学習や研究に取り組む意欲をもつ人
  • 行動力:与えられた制約条件の下で計画的に作業を進め、結果を取りまとめる能力を身につける意欲をもつ人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」の3つの区分のうち2つの区分に係る知識と学力
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、環境社会基盤工学課程の授業内容を理解するために必要な数学、理科、社会、及び環境社会基盤工学関連の科目、また思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます

〔生物機能工学課程〕

生物の機能を極め活用する学際的な分野

1.求める学生像

 生物機能工学課程は、多彩で巧妙な生物機能を生命倫理と環境を考慮しつつ、広く工学的に活用する分野です。基礎研究と応用を一体として展開でき、多様な人々と協働しつつ、国際的な情報発信ができる指導的技術者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 生物分野に好奇心を持ち、その発展に寄与する意欲がある人
  • 自然科学、数学を基礎とした論理的な思考と柔軟な発想力・行動力を高め、未知の問題に解を求めようとする人
  • 生物機能を科学的に捉えるための物理、化学、生物の基礎を理解し問題解決のために応用することに意欲がある人
  • 目標に向けて努力を続ける意志と集中力を持つ人
  • 英語及び日本語の学習に積極的に取り組み、多様な人々と協働し、国際的な情報発信を考える人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」の3つの区分のうち2つの区分に係る知識と学力
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、生物機能工学課程の授業内容を理解するために必要な数学、理科、及び専門分野の科目、また思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます。

〔情報・経営システム工学課程〕

多様性のある情報社会を支える情報・経営学

1.求める学生像

 情報・経営システム工学課程では、健康的で快適な個人生活及び多様性と持続性のある情報社会を実現するために、最先端の情報技術・情報科学を体系的に修得し、それらを製品・システム・サービス、あるいはビジネスとしてデザインできる創造的かつ実践的な技術者・研究者・経営者の育成を行います。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 人と社会に強い関心を持ち、その発展に情報技術や経営学の側面から寄与する意欲がある人
  • 自然科学及び社会科学に関する基礎を理解し、それらを応用することに意欲のある人
  • 技術を科学的に捉えるための数学、物理、化学の基礎を理解し応用する意欲のある人
  • 英語及び国語(日本語)の学習に積極的に取り組み、国際的視野に立った高度な表現力を高めることに意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

【高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試、一般入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、工学部における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び、思考や表現の基礎となる国語と英語に関しては、次の内容を理解し、身につけておくことが望まれます。

  • 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bの知識と論理的思考能力
  • 理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」の3つの区分のうち2つの区分に係る知識と学力
  • 国語:現代文の基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力
  • 英語:基礎的な読解力、表現力とコミュニケーション能力

【専門高校から入学を希望する者(推薦入試)】
 各高等学校が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、大学で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、情報・経営システム工学課程の授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び情報関連科目、また思考や表現の基礎となる国語と英語に関して、高校で学んだ内容を理解していることが求められます。

工学部(3年)

長岡技術科学大学は、活力(Vitality)、独創力(Originality)及び世のための奉仕(Services)を重んじるVOSの精神をモットーとし、グローバルな技術展開のできる高度な実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者の養成を目指しています。この目的を達成するために、本学はすべての学部入学者に対し、大学院進学を前提とした学部から大学院までの一貫教育を行っています。そこで、本学は入学を希望する学生に対し、次のような能力と資質を求めます。

  • 技術や科学に強い関心をもち、それにかかわる学習に必要な基礎学力をもつ人
  • 知識をもとに思考を深め、それにより判断したことを適切に表現できる人
  • 新しい分野の開拓や理論の創出、ものづくりに意欲をもち、技術や科学を通じて社会に貢献したい人
  • 自ら積極的に学習や研究に取り組み、問題解決のために多様な人々と協力できる人
  • 優れた個性を発揮し、人間性が豊かで、責任感のある誠実な人

本学は学生に求める能力・資質を以下の方法で評価します。

〈推薦入試〉

  • 調査書・推薦書により、高等専門学校時代の学習・活動歴、及び学力を評価します。
  • 志望調書により、人物・適性を評価します。
  • 外国人留学生は、さらに面接により、人物・適性、及び基礎学力と日本語能力を評価します。

〈学力入試〉

  • 学力試験により、国語又は日本語、英語、数学、及び専門基礎又は理科の学力、また思考力・判断力・表現力を評価します。
  • 志望調書と面接により、人物・適性を評価します。

〔機械創造工学課程〕

ものづくり産業を支える先端的機械分野

1.求める学生像

 機械創造工学課程では、機械工学分野の基盤となりものづくり産業の発展を支える以下の各分野で活躍できる、自主的・実践的・国際的な、基礎から応用までの幅広い能力を備えた指導的技術者の育成を目指しています。

  • 制御、ロボット、システムなどの情報・制御分野
  • 生産、機械要素、設計、加工、安全、生産技術などの設計・生産分野
  • 環境、熱、流体、燃焼、エネルギー、福祉・医療情報などの熱・流体分野
  • 新材料開発、材料強度、材料加工、材料物性、新素材などの材料分野
  • 分野を横断し新しい機械工学領域を創成する融合テクノロジー分野

そのため、次のような学生を広く求めます。

  • ものづくりに強い関心を持ち、機械工学に関連のある新しい分野を切り拓く意欲を持つ人
  • 持続的な人類の発展において欠かすことのできない、安全・福祉・健康の技術を追求することにより社会に貢献する意欲のある人
  • 技術を科学的に捉えるための数学や自然科学の基礎を理解し、それを応用することで技術の発展に貢献する意欲のある人
  • グローバルな技術者として活躍できるコミュニケーション能力及び専門知識を身に付ける意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、機械創造工学課程における授業内容を理解するために必要な数学、理科、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)、英語の能力を身につけていることが求められます。機械創造工学課程では「数学」と「専門科目」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:解析、代数、確率
  • 専門:機械力学、熱力学、流体力学、材料力学、制御・情報工学、材料工学

〔電気電子情報工学課程〕

豊かで安全・安心な社会を支える電気電子情報工学分野

1.求める学生像

 電気電子情報工学課程では、現代社会を支えるエネルギーシステムの技術者、高度情報化・効率的エネルギー・安全安心を指向した社会を支える電子・光等の複合機能を持つ先端デバイスの技術者、及び情報通信制御分野を中心とする先端ハード・ソフトウェアの技術者を育成します。第3学年1学期には、電気電子情報工学分野全般に共通する必修科目及び専門選択科目を修得します。2学期から、電気エネルギーシステム・制御工学、電子デバイス・フォトニクス工学、情報通信制御システム工学の3つのコースに分かれて専門科目を修得します。コース相互の関係はカリキュラムや学生定員が互いに明確に分かれるものではなく、多くの共通の履修科目があります。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 電気・電子・情報工学分野の学習に強い関心がある人
  • 積極的かつ計画的に持続して学習に取り組む意欲のある人
  • 一意に解が定まらない問題の解決に必要となる論理的思考力・判断力・表現力を高める意欲のある人
  • 自らの考えを多様な人々に文書や口頭で論理的に表現できるコミュニケーション能力を高め、当該分野での諸問題を協働して解決していく意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、電気電子情報工学課程における授業内容を理解するために必要な数学と物理、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)と英語の能力を身につけていることが求められます。電気電子情報工学課程では「数学」と「専門科目」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:微分・積分、代数、確率
  • 専門:電気回路、電気磁気学、情報処理

 また、アクティブラーニング(体験学習、インターンシップ、課題研究およびプレゼンテーション等)の要素を備えた科目を履修しておくことが望まれます。

〔物質材料工学課程〕

創る喜びを。探求する心を。新材料で世界を変える…。

1.求める学生像

 物質材料工学課程では、産業の主役となる分野の材料、特にエレクトロニクス、情報通信、エネルギー変換、クリーン環境、生体、安全などの最重要分野において、最先端材料を開発できる能力を持つ技術者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 材料に興味をもち、新材料の開発に積極的に挑戦しようとする意欲のある人
  • 様々な現象を注意深く観察し、論理的に問題解決に挑戦しようとする意欲のある人
  • 国際人として国内外で活躍しようとする意欲を持ち、多様な人々と協力できる人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、物質材料工学課程における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)と英語の能力を身につけていることが求められます。物質材料工学課程では「数学」と「専門科目」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:「微分・積分、線形代数、確率」の基礎
  • 専門:一般化学

〔環境社会基盤工学課程〕

サステナブルな社会をめざす、創造的社会基盤工学分野

1.求める学生像

 環境社会基盤工学課程では、人類の健全な社会・文化・経済活動を支える種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持するための専門基礎知識、及び、総合的かつグローバルな視点からサステナブルな社会へ貢献し、巨大災害へも対応できる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者を育成することを目的としています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 総合力:自然環境、人類の文化的・経済的活動と社会基盤技術との関連を常に意識して、物事を多面的に考えるとともに、人々の幸福と福祉について総合的に考える素養をもつ人
  • 責任力:社会基盤技術が社会や自然環境に及ぼす影響を理解し、社会基盤に関わる技術者は自らの技能を行使して社会に奉仕する責任があることを自覚している人
  • 基礎力:基礎的な数学や物理等の自然科学の素養、及び情報技術に関する素養を持ち、それらを社会基盤技術に応用する意欲をもつ人
  • 専門力:社会基盤に関わる主要専門分野の知識を修得し、問題の解決に応用する意欲をもつ人
  • 解決力:社会基盤に関わる専門的な知識・技術を結集して課題を探求し、具体的な方針を組み立て、工学的に考察するとともに、必要に応じて他者と協力して解決する意欲をもつ人
  • 説明力:理論的な記述力、口頭発表能力、コミュニケーション能力、及び、国際的に通用する技術者としての基礎的な語学力を身につける意欲をもつ人
  • 学習力:大学院及び実社会において最新の高度な専門技術を修得するために、自ら積極的に継続して学習や研究に取り組む意欲をもつ人
  • 行動力:与えられた制約条件の下で計画的に作業を進め、結果を取りまとめる能力を身につける意欲をもつ人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、環境社会基盤工学課程における授業内容を理解するために必要な数学、理科、社会、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)と英語の能力を身につけていることが求められます。環境社会基盤工学課程では「数学」と「専門科目」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:解析、代数、確率・統計
  • 専門:構造力学、地盤工学、水理学、コンクリート工学、地域計画学、環境工学

〔生物機能工学課程〕

生物の機能を極め活用する学際的な分野

1.求める学生像

 生物機能工学課程は、多彩で巧妙な生物機能を生命倫理と環境を考慮しつつ、広く工学的に活用する分野です。基礎研究と応用を一体として展開でき、多様な人々と協働しつつ、国際的な情報発信ができる指導的技術者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 生物分野に好奇心を持ち、その発展に寄与する意欲がある人
  • 自然科学、数学を基礎とした論理的な思考と柔軟な発想力・行動力を高め、未知の問題に解を求めようとする人
  • 生物機能を科学的に捉えるための物理、化学、生物の基礎を理解し問題解決のために応用することに意欲のある人
  • 目標に向けて努力を続ける意志と集中力を持つ人
  • 英語及び日本語の学習に積極的に取り組み、多様な人々と協働し、国際的な情報発信を考える人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、生物機能工学課程における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)と英語の能力を身につけていることが求められます。生物機能工学課程では「数学」と「理科」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:解析、代数、確率・統計
  • 理科:物理学、化学、生物学

〔情報・経営システム工学課程〕

多様性のある情報社会を支える情報・経営学

1.求める学生像

 情報・経営システム工学課程では、健康的で快適な個人生活及び多様性と持続性のある情報社会を実現するために、最先端の情報技術・情報科学を体系的に修得し、それらを製品・システム・サービス、あるいはビジネスとしてデザインできる創造的かつ実践的な技術者・研究者・経営者の育成を行います。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 人と社会に強い関心を持ち、その発展に情報技術や経営学の側面から寄与する意欲がある人
  • 自然科学及び社会科学に関する基礎を理解し、それらを応用する意欲のある人
  • 技術を科学的に捉えるための数学、物理、化学の基礎を理解し応用する意欲のある人
  • 英語及び国語(日本語)の学習に積極的に取り組み、国際的視野に立った高度な表現力を身に付ける意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各高等専門学校、短期大学、専修学校等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、専門課程で勉学を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、情報・経営システム工学課程における授業内容を理解するために必要な数学と理科、及び専門科目の内容を理解し、思考や表現の基礎となる国語(日本語)と英語の能力を身につけていることが求められます。情報・経営システム工学課程では「数学」と「専門科目」の内容のうち、入学後に次の知識が必要となります。未履修であっても、入学前に基礎的内容を自習しておくことが求められます。

  • 数学:代数、統計学
  • 専門:情報処理、経済学

大学院工学研究科 修士課程

長岡技術科学大学は、活力(Vitality)、独創力(Originality)及び世のための奉仕(Services)を重んじるVOSの精神をモットーとし、グローバルな技術展開のできる高度な実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者の養成を目指しています。この目的を達成するために、本学は、大学院のすべての入学者に対し、学士レベルの学修を継いで指導的技術者・研究者へと至る教育を行っています。そこで、本学は入学を希望する学生に対し、次のような能力と資質を求めます。

  1. 技術や科学に強い関心をもち、それにかかわる学習に必要な基礎学力をもつ人
  2. 知識をもとに思考を深め、それにより判断したことを適切に表現できる人
  3. 新しい分野の開拓や理論の創出、ものづくりに意欲をもち、技術や科学を通じて社会に貢献したい人
  4. 自ら積極的に学習や研究に取り組み、問題解決のために多様な人々と協力できる人
  5. 優れた個性を発揮し、人間性が豊かで、責任感のある誠実な人

〔機械創造工学専攻〕

ものづくり産業をリードする先端的機械応用分野

1.求める学生像

 機械創造工学専攻では、以下の各分野に関する専門的知識を有し、それらを応用して先進的なものづくりや新しい分野を切り拓く実践的能力を備えた、国際的に活躍できる指導的技術者・研究者、社会の持続的発展に貢献できる挑戦的技術者を育成します。

  • 情報・制御分野
  • 設計・生産分野
  • 熱・流体分野
  • 材料分野
  • 融合テクノロジー分野

 そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 上記のそれぞれの分野で、高度な技術開発能力を備え国際的に活躍できる指導的技術者を志す人
  • 旺盛な好奇心を持ち、能動的・自主的に、困難な課題研究・解決に取り組む意欲がある人
  • 広く社会の要請に応えるため、機械工学分野以外の様々な分野にも関心を持ち、自然科学の体系を系統的に理解し、それを応用して新しい技術を創造する意欲がある人
  • 英語や国語、専門知識などを駆使する国際的コミュニケーション能力を獲得して、様々なものの考え方や文化を理解し強調してグローバルな分野で活躍することを目指す人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、修士課程で研究を進めるために必要な基礎学力と応用力を習得していることが望まれます。機械創造工学専攻では、特に、機械工学の基礎から応用までの幅広い知識が必要となります。各分野では、それぞれ、以下のような技術・知識が必要となりますので、入学前に関連する文献等を調査してください。

  • 情報・制御分野においては、機械システム情報・制御技術に関する技術・知識
  • 設計・生産分野においては、機械の設計、加工、生産システム、トライボロジーに関する技術・知識
  • 熱・流体分野においては、人間を中心とした機械のあり方やエネルギー利用に関する技術・知識
  • 材料分野においては、高機能・新機能材料の創生から材料信頼性評価にわたる総合的材料システムに関する技術・知識
  • 融合テクノロジー分野においては、新しい機械工学領域の創成につながる、従来の機械工学に囚われない学際的な技術・知識

〔電気電子情報工学専攻〕

豊かで安全・安心な社会をリードする最先端電気電子情報工学分野

1.求める学生像

 本専攻は、社会に高く貢献できるような実践的・創造的能力を備え国際的に活躍できる指導的技術者・研究者、社会の持続的発展に貢献できる人材を養成します。①電気エネルギーシステム・制御工学コース、②電子デバイス・フォトニクス工学コース、③情報通信制御システム工学コースを設置し、それぞれ、①エネルギーに関する発生・輸送・制御システム・新材料などの新技術、②高度情報化・効率的エネルギー・安全安心を指向した社会を支える電子・光等の複合機能を持つ先端デバイス技術、③マルチメディア通信やユビキタスネットワークに適した高度情報通信・伝送技術・制御技術、及びヒューマン・コミュニケーションに関する情報処理・計測技術を系統的に学べるよう各科目が用意されています。それぞれ、より高度で学際領域の分野に対応させた教育・研究指導を行います。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 電気・電子・情報工学分野に関係する研究に強い関心を持ち、その発展に寄与する意欲がある人
  • 旺盛な好奇心を持ち、積極的に学修及び研究に取り組む意欲のある人
  • 日本語及び英語を用いて、自らの考えを文書や口頭で理論的に表現できる能力を高め、当該分野で活かす意欲のある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、修士課程で研究を進めるために必要な基礎を得していることが望まれます。特に志望するコースに応じて、電気工学、電子工学、情報工学の知識と実験に関する基礎技術が必要となりますので、これらに関連する科目を履修しておくことが望まれます。

〔物質材料工学専攻〕

創る喜びを。探求する心を。新材料で世界を変える…。

1.求める学生像

 物質材料工学専攻では、物質材料に係わる知識の徹底的習得、研究プロジェクトへの参画による創造的研究の遂行、研究成果を強い印象で伝えるプレゼンテーション能力の養成等の項目に重点を置いた創造的教育により、産業の主役となる最先端材料を自ら開発できる実践的能力を備えた国際的に活躍できる指導的技術者・研究者、社会の持続的発展に貢献できる挑戦的技術者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 物質材料における各専門分野で、高度な技術開発能力を備えた国際的に活躍できる指導的技術者を志す人
  • 旺盛な好奇心を持ち、自ら積極的に新材料の開発に取り組む意欲がある人
  • 自然科学の体系を系統的に理解し、それを応用して新しい技術を創造する意欲がある人
  • 英語、国語、及び専門知識などを駆使した国際的コミュニケーション能力の獲得に意欲がある人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、修士課程で研究を進めるために必要な基礎学力と応用力が必要です。物質材料工学専攻では、特に、物理化学、無機化学、有機化学の知識と実験に関する基礎技術が必要となりますので、これらに関連する科目を修得しておくことが望まれます。

〔環境社会基盤工学専攻〕

サステナブルな社会をめざす、創造的社会基盤工学応用分野

1.求める学生像

 環境社会基盤工学専攻では、人類の健全な社会・文化・経済活動を支える種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持するための専門知識、及び、総合的かつグローバルな視点からサステナブルな社会へ貢献し、巨大災害へも対応できる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者を育成することを目的としています。そのため、以下のような学生を広く求めます。

  • 総合力:自然環境、人類の文化的・経済的活動と社会基盤技術との関連を常に意識して、物事を多面的に考えるとともに、人々の幸福と福祉について総合的に考える素養をもつ人
  • 責任力:社会基盤技術が社会や自然環境に及ぼす影響を理解し、社会基盤に関わる技術者、研究者は自らの技能と学識を行使して社会に奉仕する責任があることを自覚している人
  • 専門力:社会基盤に関わる専門分野の知識を修得し、問題の解決に応用する意欲をもつ人
  • 解決力:直面した問題を正しく認識して制約条件を考慮し、社会基盤に関わる専門的な知識・技術を結集して課題を探求し、具体的な方針を組み立て、工学的に考察するとともに、必要に応じて他者と協力して解決する意欲をもつ人
  • 説明力:理論的な記述力、口頭発表能力、コミュニケーション能力、及び、国際的に通用する技術者としての語学力を身につける意欲をもつ人
  • 学習力:実社会において最新の高度な専門技術、学識を修得するために、自ら積極的に継続して学習や研究に取り組む意欲をもつ人
  • 行動力:与えられた制約条件の下で計画的に作業を進めて結果を取りまとめるとともに、その成果を積極的に公表したり実際問題に応用したりする能力を身につける意欲をもつ人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について修士課程で勉強を進めるために必要な基礎を修得していることが望まれます。特に、環境社会基盤工学における授業内容を理解するために必要な教科である人文社会、自然科学、語学、及び、環境社会基盤工学関連の科目に関して学んだ科目の内容を理解していることが望まれます。

〔生物機能工学専攻〕

生物の機能を深く極め高度に活用する学際的な分野

1.求める学生像

 生物機能工学専攻は、多彩で巧妙な生物機能を生命倫理と環境を考慮しつつ、広く高度に工学的に活用する分野です。基礎研究と応用を一体として展開し、多様な人々と協働しつつ、国際的な情報発信をすることで、国際社会の中でチームを牽引していくことができる指導的技術者と研究者の育成を目指しています。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 生物機能工学専攻の各専門分野の知識を元に、その発展に寄与する意欲がある人
  • 自然科学、数学を基礎とした論理的な思考と柔軟な発想力・行動力を持ち、問題を特定し、解決することに意欲のある人
  • 生物機能を科学的に捉えるための物理、化学、生物の基礎を理解することで、問題を特定し、解決することに意欲のある人
  • 目標に向けて努力を持ち続ける意思と集中力を持ち、目標に近づくことを望む人
  • 英語及び日本語の学習に積極的に取り組むことで、多様な人々と協働し、国際社会の中でチームを牽引することを望む人
2.入学までに履修が望まれる教科・科目等

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、修士課程で研究を進めるために必要な基礎学力と応用力が必要です。生物機能工学専攻では、特に、生命科学、生化学、生物物理学、遺伝子工学の基礎的知識と生物・化学実験に関する技術が必要となりますので、入学前に関連する文献等を調査してください。

〔情報・経営システム工学専攻〕

多様性のある情報社会をリードする情報・経営学

1.求める学生像

 情報・経営システム工学専攻では、独創的な情報技術あるいは経営モデルを研究・開発し、それらを新しい製品・システム・サービス、あるいはビジネスとして実現しうる実践的能力を備え、国際的に活躍でき、社会の持続的発展に貢献できる指導的な技術者・研究者・経営者を育成します。そのため、次のような学生を広く求めます。

  • 人と社会に強い関心を持ち、その発展に情報技術や経営学の側面から寄与する意欲のある人
  • 自然科学を体系的に理解し、それを応用して新しい技術を創造する意欲のある人
  • 社会科学に関する基礎を理解し、それらを応用する意欲のある人
  • 旺盛な好奇心を持ち、能動的、自発的に課題研究・解決に取り組む意欲のある人
  • 技術を科学的に捉えるための数学、物理、化学の基礎を理解し応用する意欲のある人 
  • 英語や国語の学習に積極的に取り組み、高度な表現力を身に付ける意欲のある人
  • 専門知識などを駆使した国際的コミュニケーション能力を高める意欲がある人 
2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、すべての教科、科目について、修士課程で研究を進めるために必要な基礎学力と応用力が必要です。情報・経営システム工学専攻では、特に、情報科学、経営学、統計工学の基礎的知識と技術が必要となりますので、入学前に関連する文献等を調査してください。

〔原子力システム安全工学専攻〕

技術に根ざし、システム安全の視点から原子力安全に貢献する。

1.求める学生像

 本専攻は次のような学生を広く求めます。

  • 原子力システム安全工学分野に関係する研究に強い関心を持ち、その発展に寄与する意欲がある人
  • 研究活動に必要となる電気、機械、化学、土木・建築、情報、又は生物工学分野に関する専門科目を修得している人
  • 旺盛な好奇心を持ち積極的に学習及び研究に取り組む意欲のある人
  • 日本語及び外国語を用いて、自らの考えを文書や口頭で論理的に表現でき、社会とのコミュニケーションに意欲のある人 

 本専攻においては、①安全技術講座、②安全マネジメント講座、③先端エネルギー工学講座を設置し、それぞれ、①原子力エネルギーの安全確保を技術的に担保するために必要な知識群、特に放射線の安全利用、バックエンド、核燃料工学、放射化学、耐震安全システム工学、放射線モニタリング技術、②安全確保を考えるシステム安全に関わる、安全マネジメント、リスク評価、技術コミュニケーション、原子力安全関連法規、保全工学、保全システムマネジメント技術、③原子力工学の基盤となる放射線発生、原子炉工学、原子力発電システム、原子力に関連する構造工学・材料工学を系統的に学べるよう各科目が用意されています。より高度で学際領域の分野に対応させた教育・研究指導を行い、修了後、社会に貢献できるような実践的・創造的能力を備えた国際的に活躍できる指導的技術者・研究者、社会の持続的発展に貢献できる人材を養成します。

2.入学までに履修が望まれる教科・科目

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、修士課程で研究を進めるために必要な基礎を履修していることが望まれます。

大学院工学研究科 5年一貫制博士課程・博士後期課程

長岡技術科学大学は、活力(Vitality)、独創力(Originality)及び世のための奉仕(Services)を重んじるVOSの精神をモットーとして、実践的・創造的能力を備え国際的に通用する指導的技術者・研究者を養成することを目的に、学部から大学院までの一貫教育を行っており、次のような学生を広く求めます。

  1. 技術や科学をより深く研究する意欲をもつ人
  2. 新しい分野の開拓や理論の創出、もの作りに意欲をもつ人
  3. 国際的視野と感覚をもち、世界的研究を目指す人
  4. 独自の優れた個性を発揮する意欲をもつ人
  5. 独創的研究に取り組む意欲をもつ人
  6. 人間性が豊かで、人類の幸福に貢献しようとする意識をもつ人

〔技術科学イノベーション専攻〕

本専攻では次のような学生を広く求めます。

  1. 技術科学イノベーション分野の学修・研究に強い関心があり、グローバルに活躍してイノベーションを起こす能力や世界の産業を牽引する力を涵養し、その発展に貢献する意欲がある人
  2. 機械・電気・材料・建設・生物等の専門分野の高度な研究能力を身に付けた上で複眼的な視野に立ち、技術科学に関する実践的かつ異分野融合的な能力を修得したい人
  3. 先見的な視野を有し、ビジネスマインドと倫理観を兼備することを目指す人
  4. 研究、事業推進及び情報発信に資する英語力、コミュニケーション能力、ファシリテーション能力、研究企画立案力、及びビジネス展開に必要な基礎知識を修得したい人
  5. 研究課題に対して科学的な手法によってその本質を見抜き、真にイノベーティブな解決手段を導く能力を修得したい人
入学までに履修が望まれる教科・科目等

 各大学、高等専門学校専攻科等が定める教育課程に従い、本専攻で学修・研究を進めるための英語力、及び基礎学力と応用力が必要です。

技術経営研究科

大学院専門職学位課程

本専門職学位課程では、次のような学生を広く求めます。

  1. 専門職業人として、技術や科学を通じて社会に貢献する意欲をもつ人
  2. 技術や科学をより深く学び、その技術や知識を実践する意欲をもつ人
  3. 国際的視野と感覚をもち、世界的に活躍する専門職業人を目指す人
  4. 人間性が豊かで、責任感のある誠実な人
  5. 新しい分野の開拓や理論の創出、もの作りに意欲をもつ人
  6. 独自の優れた個性を発揮する意欲をもつ人
 

専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

〔システム安全専攻〕

◇安全安心な社会の持続的発展に貢献する。

本専門職学位課程のシステム安全専攻では、次のような学生を広く求めます。

  1. システム安全の理解と実践を通じて安全安心社会に貢献する熱意のある人
  2. 安全管理、安全認証、安全規格の開発、安全設計などの各分野において、高度かつ実践的な安全技術とマネジメントスキルを統合して応用できる専門職になることを目指す人
  3. 専門職学位課程で学ぶのにふさわしい社会経験・実務経験を有する人

入学時までに準備が望まれる事項(参考)

学生は入学までに、各自の現在の業務の安全に関する課題の整理と理解、安全に関する社会情勢の基礎的理解が必要となります。入学前に関連する文献等を調査してください。また、入学までに以下の能力を有することが望まれます。

  • 入学後の学習計画に応じた英語能力(海外での実務訓練への参加の機会もあります)
  • 対面授業を補完するインターネットを通じた学習指導(電子メールやファイル共有システム等の利用)に対応できる基礎的なコンピュータリテラシ
  • 各大学等が定める教育課程に従い、本学専門職学位課程で学修・研究を進めるために必要な基礎学力と応用力