学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

1
次のページ

ナノ・ピコメートル計測制御研究室

教授/明田川 正人  助教/韋 冬  技術専門職員/吉田 昌弘

教授明田川 正人

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教韋 冬

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術専門職員吉田 昌弘

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 測れないものは作れない!
  • 光(レーザ)を使った超精密計測を行っています
  • 学生の自主性を重んじる研究室で、とても自由な研究室です

うちの先生

クリックで拡大します

明田川 正人 先生・韋 冬 先生
明田川先生は、企業で研究員を務められたご経験があります。そのため光計測技術に関しての広く深い知識をお持ちです。学生に対しては海外に行くことを推奨しており、また、私たちの自主性を尊重し、的確なアドバイスで研究を導いてくれます。
韋先生は、お話がお好きで、いつも私たちに様々な話題を提供してくれます。

研究内容

私たちの研究室では光を使った超精密計測システムの研究を行っています。ナノ(10億分の1)・ピコ(1兆分の1)オーダで精密計測・精密制御・精密加工を行う方法を考え、ナノテクノロジーの発展に貢献することを目指します。
[1]ルビジウム飽和吸収線を用いた780nm帯DBR周波数安定化レーザの開発と変位計測への応用を行います。
[2]空気屈折率の超精密測定:真空中と空気中での光速度の違いを比較して、空気屈折率を精密測定し、空気中での精密長さ計測への応用を目指します。
[3]軸受けの運動誤差測定:5自由度ある軸受け運動誤差をすべて同時に精密計測します。
[4]光コムを利用した長さ計測:2009年に長さの国家標準となった、光周波数コムの技術を利用した長さ計測に挑戦します。

クリックで拡大します

ルビジウム飽和吸収線を用いた780nm帯DBR周波数安定化レーザの開発について

研究室の一日

明田川研究室では、コアタイムがなく、研究は各自の自主性に一任されています。朝早く来て研究をしている人もいれば、夜遅くまで残っている人もいます。決まっているのは週2回のゼミ(進捗報告会、雑誌会)です。進捗報告会では、研究の進捗具合をみんなの前で簡潔に説明します。雑誌会では研究に関連する英語論文を読み、理解を深めます。
学生居室は広く、冷暖房や調理器具、コーヒーメーカなどが完備されており、快適に研究ができる環境です。昼食や夕食は、第一食堂や、たまに喫茶ポパイに行きます。
一年を通して、新人歓迎会、花火大会、忘年会など様々なイベントがあり、今年度はよりたくさんのイベントができたら良いかなと思います。

クリックで拡大します

先輩方に研究を教えてもらっている実験風景です。毎日、先輩に教わってばかりで初めは大変です。

修論・卒論テーマ

  • (卒)同心円状回折格子の表面観察と回折効率の関係
  • (卒)DBR型レーザダイオードのヨウ素による周波数安定化の試み
  • (修)正弦波周波数変調変位計測干渉計における直接位相検出法の開発
  • (修)空気屈折率測定用可変長真空チャンバの提案と位相変調干渉計の適用
  • (博)正弦波周波数変調によるヨウ素周波数安定化レーザダイオードと変位計測の同時達成

博士後期課程修了者数 8名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • いすゞ自動車
  • 新コスモス電機
  • ミツバ
  • 住友電気
  • 中央精機
  • 東京計器
  • 東京精密
  • 三共製作所
  • 東レ
  • ミツトヨ
  • ニコン
  • 村田製作所
  • ソニー
  • 日立金属
  • ケンウッド
  • 王子製紙
  • ソニーセミコンダクタ
  • 日本精機
機械創造工学専攻 M1 山本 巴(新居浜高専出身)