学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

6
前のページ 次のページ

パルスパワー研究室

教授/江 偉華  客員准教授/徳地 明  助教/須貝 太一

教授江 偉華

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教須貝 太一

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • パルス波形に死角なし!
  • 江研はパルスパワーで世界に貢献!!
  • 瞬間的に世界の電力独り占め!!!

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

江 偉華 先生
江 偉華先生はプラズマ科学、電力工学を主な研究分野とし、特にパルスパワー技術を専門としています。2014年1月にはIEEEからFellow賞を受賞された世界的に権威のある先生です。しかし、学生とはとても距離感が近くフレンドリーに接してくれます。

研究内容

パルスパワー技術とは、ナノ秒やマイクロ秒のようなとても短い時間で瞬間的に大電力を発生させる技術の事で、加速器、環境、生物など幅広い分野に応用されています。本研究室では、LTDやチョッパ型マルクス回路等の高繰り返しで小型のパルスパワー発生器を自ら開発、作製し、その応用として液体処理などを行っています。また、大型の高繰り返しパルスパワー発生装置“ETIGO-Ⅳ”を用いて、大電力マイクロ波の発生について調査し出力の向上を狙っています。このような研究を行う研究室は他になく、日本では非常に珍しい研究室です。

クリックで拡大します

高繰り返しパルスパワー発生装置“ETIGO-Ⅳ”の外観図

研究室の一日

本研究室では、研究の進め方は学生自身に任されており、時間の制約が比較的少ないのが特徴です。しかし、規則正しい生活が推奨されており、私たちの研究室の一日は、朝、コーヒーを飲みながら英語で海外のニュースを見ることから始まります。イベントもたくさん開催されており、4月にはお花見、6月にはソフトボール(系長杯)、8月には長岡大花火大会などのイベントに、先生方や学生を含む大人数で参加しています。日々、研究に対して真面目に取り組んでいるからこそ遊びに集中できるバランスの取れた研究室です。

クリックで拡大します

江研究室の実験風景(LTDを用いた水処理実験)

修論・卒論テーマ

  • (修)LTD型パルスパワー電源のエキシマレーザー励起への応用
  • (修)LTD型パルスパワー電源を用いた水処理におけるアーク放電の検知と抑制
  • (修)次世代加速器用高電圧パルス電源の設計と評価
  • (修)次世代加速器用高電圧パルス電源の全体構成の検討と充電制御
  • (修)大気圧放電を用いた水処理装置の大容量化

博士後期課程修了者数 3名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 東芝
  • TDKラムダ
  • ダイキン工業
  • コマツ
  • 日本原子力研究開発機構
  • 高エネルギー加速器研究機構
  • テクノエーピー
  • 三菱プレシジョン
  • 神戸製鋼
  • J-POWER
  • 産業技術総合研究所
  • 日本製紙
  • 日本精機
  • 三菱電機
  • 小野測器
  • 花王
  • 明電舎
  • 富士電機
電気電子情報工学専攻 M1 鷺阪 元太(奈良高専出身)