学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

20
前のページ 次のページ

情報ネットワーキング研究室

教授/山崎 克之

教授山崎 克之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • ユビキタス時代を開く
  • 人と社会にやさしい情報ネットワークを
  • 研究室は社会への0.5歩

うちの先生

クリックで拡大します

山崎 克之 先生
山崎先生は企業出身であり、実際の研究や開発の現場を経験ております。そのため、研究活動において、実際の利用シーンを想定した技術や手法の指導をいただくことができます。さらに、就職活動の際には企業側からの観点からもアドバイスを頂けます。

研究内容

パソコン・携帯電話・ロボット・タグなどの技術進歩により、情報ネットワークはコンピュータ相互間や人と人のほかに、人とモノ、モノ同士がつながる時代になりつつあります。情報ネットワーキング技術は「ネットワークでつないだら面白い・新しいことができる」という様々な分野・業界と連携して発揮されます。本研究室では情報ネットワークアーキテクチャの基盤から応用に至るまで様々な研究を行い、人々に役に立つシステム・ソフトウェアの創造を目指します。現在、センサーネットワークを利用してさまざまな事象を観測するシステムや、Android端末を用いて人々の生活をサポートするシステムなどの研究を行っております。

クリックで拡大します

Information Networking

研究室の一日

本研究室には、コアタイムはなく、各自でスケジュール管理し研究に取り組んでいます。研究活動は基本的に研究室内が主ですが、開発システムの評価のために外に出て実際の環境で実験や評価を行うことが多々あります。 ゼミは週に一回で、「研究の進捗」と、「課題の文献」についてプレゼンを行います。学生同士の議論を行い、研究の新たな方向性を見出したり、先生からのアドバイスをいただきます。 さらに年に数回、ゼミ合宿として、研究室全員で県外に一泊旅行に出かけます。バーベキューなどで日々の疲れを癒したり、ゲストを招待して研究への意見を頂いたりします。

クリックで拡大します

鳥獣害対策システム

修論・卒論テーマ

  • (修)人群観測センサーネットワークの研究
  • (修)中山間地向け環境観測センサープラットホームの研究
  • (修)WebRTCを活用したサーバレス遠隔観測システムの研究
  • (修)420M帯を活用した土石流観測システムの研究
  • (修)省電力なサル接近検知センサーシステムの研究

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アンリツネットワークス
  • NECソフト
  • 日興システムソリューションズ
  • 日立製作所
  • 九州電力
  • KDDI
  • 日本システムウェア
  • 日本公共システムズ
  • 沖ソフトウェア
  • KCCSモバイルエンジニアリング
  • 富士通
  • IIJ
  • 京セラコミュニケーションシステム
  • 富士ゼロックスアドバンストテクノロジー
  • 沖電気
  • オリンパス
電気電子情報工学専攻 M1 石川 健人(東京高専出身)