学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

8
前のページ 次のページ

セラミックス構造設計研究室

准教授/田中 諭

准教授田中 諭

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 製造技術を科学して実現する“高信頼性セラミックス”
  • 現状維持は後退と同じ だから目指す高機能化
  • 現在のセラミックスのその先へ

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

田中 諭 先生
私たちの指導教員である田中先生は、熱心に指導してくださる優しい先生です。普段から学生と同じ目線で接してくださり、ときには冗談話につきあってくれます。厳しい一面もありますが、困ったときには一緒に考えてくれる頼れる先生です。

研究内容

私たちの研究室では、セラミックス材料について研究しています。セラミックス材料は、電子材料分野から、エネルギー・環境分野や医療分野と幅広い分野で利用されており、私たちの生活に必要不可欠な材料です。当研究室では、現在のセラミックス産業が抱えている問題に正面から立ち向かい、新しい可能性を見出し、地位向上に貢献することを理念としています。経験的な技術に偏りがちなセラミックス製造プロセスを科学的に体系化し、さらに発展させるための基礎を築くことが、我々の研究の大きな目標です。

クリックで拡大します

研究室配属後恒例のスプレードライ作業風景

研究室の一日

私たちの研究室には、9:00から17:30までコアタイムが設けられています。過ごし方は、各自が立てた計画に沿って実験を行ったり、ゼミや報告会の資料を作ったり、比較的自由ですので、一日の密度の濃さは各個人のやる気に委ねられています。木曜日と金曜日には、各学生の研究報告や論文紹介するゼミが行われ、先生と学生全員で活発な議論が行われています。また、毎日12:00から30分間、セラミックスに関する文献を使用した英語ゼミも行われています。研究の合間には様々なイベントを行うほど、学生同士とても仲が良い研究室です。

クリックで拡大します

毎日昼ゼミの後は、みんなで楽しくおしゃべりしながら学食で昼食をとります

修論・卒論テーマ

  • (修)アルミナ多孔体の3次元評価とその機械的特性への影響
  • (修)回転磁場中コロイド成形法によるc軸配向多結晶BNNの作製
  • (修)遠心力場を利用した湿式成形法による高密度セラミックスの作製
  • (修)顆粒プレス成形における不均一構造とその形成メカニズムの解明
  • (博)直接観察による高濃度スラリー中の粒子運動の解明

博士後期課程修了者数 11名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • TDK
  • 三井金属アクト
  • 美濃窯業
  • ルネサス
  • AGCセラミックス
  • 水澤化学工業
  • TOTO
  • ソディック エフ・ティ EMG事業部
  • セイシン企業
  • 旭硝子
  • 堺化学
  • 神奈川科学技術アカデミー
  • 東光
  • 日本飛行機
  • クアーズテック
  • シチズンホールディングス
  • 京セラミタ
  • 木村鋳造所
技術科学イノベーション専攻 GD2 馬場 翔子(新潟県立巻高校出身)