学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

9
前のページ 次のページ

環境浄化保全材料研究室

教授/佐藤 一則  助教/山本 雅納  技術職員/高橋 美幸

教授佐藤 一則

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教山本 雅納

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員高橋 美幸

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 未来のエネルギー技術探究!
  • 環境想いの材料開発
  • エネルギー・環境にフィットする材料をつくろう

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

佐藤 一則 先生・山本 雅納 先生
メタン燃料電池、重金属イオン光電析除去・ビスフェノール光分解、CO2光還元のテーマは佐藤先生が指導してくれます。技術職員の高橋さんが実験準備や装置のメンテナンスをサポートしてくれます。4月から助教の山本先生が新たに加わります。

研究内容

エネルギー問題や水質汚濁等の深刻な環境問題に様々な材料技術で挑戦しています。「メタン燃料電池」、「重金属イオン光電析除去・ビスフェノール光分解」、及び「二酸化炭素光還元」を研究する3つのグループで、メタン燃料から高効率に電気を取り出せる次世代燃料電池、鉛イオンやビスフェノールAなどの有害物質や内分泌かく乱物質を水中から除去、及び太陽光エネルギーによる二酸化炭素と水からのメタン生成に関する研究をそれぞれ行っています。

クリックで拡大します

学生が組み立てた燃料電池性能評価実験装置

研究室の一日

私たちの研究室では各自のびのびと熱心に研究を進めています。週に1~2日、雑誌会やグループミーティングを行っており、特にグループミーティングでは実験室の安全についてや実験で得られたデータを発表し研究方針の検討を行っています。研究以外では、季節の行事に合わせて親睦パーティーを行うなど、和やかな雰囲気の研究室です。また、留学生が多いので英語を話す機会があります。実験が好きな人、お酒が好きな人や環境問題に取組みたい人は私たちと一緒に環境材料を勉強しましょう!

クリックで拡大します

研究室内の様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)ランタニア-セリア複合活性炭による水中溶存ビスフェノールAの分解除去
  • (修)酸化セリウム系複合酸化物における水中溶存重金属イオンの光電析除去
  • (修)ニッケルコバルト合金と酸化セリウム系固体電解質を構成成分とするサーメット粒子表面吸着種の昇温脱離解析
  • (修)複層構造のニッケル・セリア系サーメット燃料極を用いた固体酸化物燃料電池におけるメタン酸化反応活性
  • (修)金属酸化物光触媒を用いた水中溶存ビスフェノールAの光分解活性

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 大陽日酸
  • 富士電機
  • 大気社
  • 富士通新潟システムズ
  • コロナ
  • TANAKAホールディングス
  • パーペル
  • 新発田ガス
  • 関東化学
  • ホクエツ
  • シナネン
  • ホンダテクノフォート
  • タイガースポリマー
  • アドバンエンジ
  • ツガミ
  • ニフコ
  • 東芝ホームテクノ
  • 日鉄住金鋼板
物質材料工学専攻 M1 後藤 詠美(鶴岡高専出身)