学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

16
前のページ 次のページ

グリーン資源化学研究室

准教授/河原 成元

准教授河原 成元

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 天然ゴムを原料とするグリーンテクノロジー
  • 国際交流豊かな研究室
  • ものづくりと社会貢献

うちの先生

クリックで拡大します

河原 成元 先生
河原先生は天然ゴム研究の第一線で活躍されている方ですが、大学で学生と接する時には偉ぶることなく、いつも笑顔の素敵な先生。そんな河原先生ですが、研究に対してはひた向きなポリシーを持ち、学生が研究で悩んでいるときは共に考え、一緒に答えを探してくれる、とっても頼りになる存在です。

研究内容

私たちの研究室では、社会の脱化石燃料化を支える重要な材料として天然ゴムに注目しています。天然ゴムはゴム製品に求められる物性を非常にバランス良く備えた優秀な材料です。また、脱タンパク質化により精製された天然ゴムに対して化学的な修飾をほどこすことで新しい有機材料の開発を行っている他、核磁気共鳴分光法(NMR)を駆使したポリイソプレンの末端構造解析、透過型電子顕微鏡(TEM)によるモルフォロジー解析などを主なテーマとして研究を行っています。

クリックで拡大します

ナノマトリックス構造を有する天然ゴムの3次元TEM画像

研究室の一日

河原研究室では、コアタイムはありませんが、主に9時から19時に学生は活動しています。1日の流れとしては、9時頃から学生が研究室に集まり始め研究に取り組み、12時半頃に先生を誘って昼食、夜には何人かで集まって夕食を食べています。春には花見、夏には長岡花火観賞、冬にはクリスマスパーティーやスキー旅行と季節の行事を行っています。研究室メンバーには留学生が多く、研究室での生活を通して英語能力の向上も狙えます。留学生との交流に興味のある人にはオススメの研究室です!

クリックで拡大します

国際学会参加風景

修論・卒論テーマ

  • (卒)MgOナノ粒子を用いた加硫天然ゴムの調製と力学物性
  • (修)溶液NMR法による天然ゴムの構造解析
  • (修)ラテックス13C-NMR分光法に関する研究
  • (修)シリカナノマトリックス構造を有する天然ゴムのモルフォロギーと物性

博士後期課程修了者数 15名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 横浜ゴム
  • 不二ラテックス
  • 東海ゴム
  • 興国インテック
  • アトム
  • 山下ゴム
  • オカモト
  • バンドー化学
  • 化学物質評価研究機構
  • 関西ペイント
  • ナミックス
  • ニチアス
物質材料工学専攻 M1 愛甲 晋(東京高専出身)