学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

6
前のページ 次のページ

経営社会学研究室

教授/綿引 宣道

教授綿引 宣道

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 起業志望の学生 歓迎!
  • 地元企業など具体的なフィールド
  • 経営・情報・統計を含む、学際的な研究を行います!

うちの先生

クリックで拡大します

綿引 宣道 先生
綿引先生は、ほかの教員とは違った鋭い観点で物を見てくれます。関心、勉強になる考えを聞けます。また、分野にとらわれず様々な業種の方との人脈があります。また、研究室の学生を紹介してもらえるので、ほかの研究室にはない貴重な体験や交流ができる、とにかく学際的な研究室です。

研究内容

この研究室では、主に企業を構成する経営者や従業員、顧客、若しくは組織そのものについての研究を行っています。つまり、私たちが取り扱うのはヒトです。会社経営の3種の神器として知られる「ヒト・モノ・カネ」の中でも、社会の主体たりえる存在はヒトだけです。私たちはこのヒトについての研究を、社会発展を実現する上で大切な要素であると考えて活動しています。以下に、これまで取り扱ったテーマの一部を紹介します。経営者について 企業家たちが、どのような人的交流を持って起業・経営しているのか。ネットワーク理論による中心人物の特定や、地理的環境の分析などがあります。

クリックで拡大します

新潟県の明治時代の企業家ネットワーク

研究室の一日

コアタイムはありませんが、毎日研究室に来ることが基本です。ゼミでは、各々の専門分野について毎週プレゼンし討論を行います。在籍している学生のテーマを紹介すると、小千谷や長岡で過去に存在していた企業に対してのGISによる分析やネットワーク分析などがあります。また、普段は個人ごとに与えられたパソコンで作業を行いますが、時折、地元企業や商工会議所の方に話を伺いに行くことや、研究に関連する場所へ実地見学に行くこともあります。研究室には留学生の方もいらっしゃるので、異国文化に触れて世界に対して新しい知見をもつことができたと思います。

クリックで拡大します

定例ゼミのようす

修論・卒論テーマ

  • (卒)小千谷銀行の株主ネットワーク分析に関する研究
  • (卒)地方における公的な企業支援の役割に関する研究
  • (卒)技術者の転職に関する質的研究
  • (修)明治時代における長岡の企業家ネットワーク
  • (修)因子分析を用いた職場雰囲気の測定

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • アクサス
  • 新潟放送
  • 倉敷機械
  • 片山抜型製作所
  • FUCO(大学発ベンチャー)
  • ロレムイプサム(大学発ベンチャー)
  • 松田産業
  • エイテックス
  • 京セラ丸善システムインテグレーション
  • リクルートホールディングス
経営情報システム工学課程 B3 地引 菜摘(木更津高専出身)