学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

14
前のページ 次のページ

知識マイニング研究室

講師/野中 尋史

講師野中 尋史

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 知識源から企業経営に役立つ“お宝”を発見!
  • 情報工学の技術と社会科学の知識を両論に“お宝”を発掘!
  • 新設研究室で新たな伝統を築こう!

うちの先生

クリックで拡大します

野中 尋史 先生
優しくて、信頼できて、フレンドリーな先生です。相談がある時はいつも気楽に聞け、問題解決に率先して協力してくれる先生でもあるので、興味を持って楽しく落ち着いて研究ができています。

研究内容

知識マイニング研究室では、特許文書や判例文書、twitterや口コミサイトなどの知識源から企業経営等に役立つ“お宝”を見つける(英語ではマイニングといいます)ための技術開発やその応用について研究を行っております。特許文書を例に取ると、特許を点数化し技術力を定量的に評価することで投資戦略や研究開発戦略策定に役立つ技術の開発を行っております。他にも技術動向を可視化したパテントマップの自動生成や判例文書からの司法統計生成による裁判の可視化、インターネット上の情報と商品の売り上げ動向の関係性分析、マーケット調査に寄与する情報分析などのテーマが研究されています。研究は他大学や企業と共同で行っているものもあります。

クリックで拡大します

研究テーマ概略その1

研究室の一日

以下のような雰囲気で研究は運営されています。
(1)研究時間や場所については束縛されていませんが、進捗が遅れている人は研究室に詰めて、先生と相談しながら研究を進める必要があります。
(2)1週間に1回のペースで進捗ゼミが行われています。進捗ゼミとは、研究テーマの進捗報告を行い、教員や他の学生と自身の研究について議論を行うものです。この他、個別ミーティングも行われています。
(3)進捗報告とは別にプログラミング、機械学習、特許制度(特許関連の研究を行い場合のみ)などの研究に寄与する事項についての勉強会が行われています。プログラミングに自信が無い人や機械学習や特許制度などの知識がない人でも大丈夫です。
(4)ゼミ以外の時間でも気軽に先生や友達と議論しています。
(5)とてもアットホームな研究室です。歓送迎会やクリスマスパーティーなどの行事も盛んで、今後はBBQとかもやっていきたいなと皆で相談しています。
(6)まだ新設されて2年目で修士の学生がいない研究室です。これから新しい伝統を作っていきたいと思っています。

クリックで拡大します

ゼミの日

修論・卒論テーマ

  • (卒)訪日中国人観光客を対象としたホテルポータルサイトの口コミとユーザ評価との統計的関連分析
  • (卒)特許登録の空間的自己相関を利用した産業クラスター分析
  • (卒)地域性と年齢に着目した有配偶/離別率の統計的考察
  • (卒)ゲームソフトに着目したtweet情報と売り上げの統計的関連分析

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • インテリジェントウェイブ
  • レバレジーズ
経営情報システム工学課程 B4 Aleman Carreon Edgar Ulises(モンテレイ大学出身)