学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

4
前のページ 次のページ

加速器応用・新材料設計研究室

准教授/鈴木 常生

准教授鈴木 常生

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 極限センターと合同で行事を行うので、四季折々のイベントが盛りだくさん
  • 全員敵で全員味方。毎週のミーティングで能力を鍛えられる
  • ただ薄膜を作っているのではない、日本の可能性を作っている

うちの先生

クリックで拡大します

鈴木 常生 先生
先生は材料を専門とされています。昨年度までは極限センターで助教を勤めておられました。普段は学生と同じように飲み会を楽しみ、研究に関しては実験結果の考察を学生とワクワクしながら議論しています。先生は学生との距離が近くてコミュニケーションが取りやすいです。

研究内容

私たちの研究室では、PLD(パルスレーザー堆積)による新材料合成・新物質の探索をはじめ、静電加速器を用いて分析を行い研究を行っています。本研究室では、電子顕微鏡や加速器など世界でもトップレベルの充実した研究環境(多種多様な工作機器や実験・評価設備など)が整っており、世界にない新しい材料の創成とその特殊評価が可能です。これら、一連の研究を自らの手で遂行できることが特徴です。

クリックで拡大します

未知・既知材料分析を行う為に用いる静電加速器

研究室の一日

鈴木研究室では週1回のミーティングがあります。そのミーティングを軸に、実験の方向性を定めて自分のペースで研究ができます。
[ある人の1日]
9:00-まずは研究室に来てメールのチェック。
9:30-実験の準備開始。
12:00-他の研究室の人と情報交換しながらご飯。
13:00-実験再開。
17:00-データまとめ。今日はここまで

クリックで拡大します

パルスレーザー堆積装置

修論・卒論テーマ

  • (修)窒化クロム薄膜の不純物酸素量の低減とそれに伴う新奇物性の発見
  • (修)6配位遷移金属窒化物に添加した4配位元素の存在形態の新解釈と固溶による高硬度化

博士後期課程修了者 なし

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 大王製紙
  • 花王
原子力システム安全工学専攻 M1 久保 彩佳(大島商船高専出身)