4
前のページ 次のページ

エネルギー工学研究室

教授/山田 昇

教授山田 昇

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • スピード感を大切に、全力で!!
  • マンパワー全開!!最小限の労力で最大限のアウトプットを
  • エネルギーと共に山田研

うちの先生

クリックで拡大します

山田 昇 先生
山田先生は学生のことを大切にしています。学生一人一人に向き合って、細かい指導をしてくれます。研究を含め、夢の実現に向けたアドバイス、活躍の場をくれます。研究室イベントも積極的に参加し、学生との時間も大切にしています。

研究内容

本研究室では、太陽光エネルギーの効率的な利用技術をはじめ、熱機関、エネルギー変換/貯蔵/輸送、伝熱現象などの研究をしています。身近にあるエネルギーに着目し、研究に取り組んでいます。“再生可能エネルギー”とも呼ばれる太陽光発電に関わる一連の研究や、“廃熱”という高温熱エネルギーを利用した温度差発電用小型熱機関の開発、“広い空間の熱を回収し輸送する”大型熱輸送デバイスの研究、“電気エネルギーと運動エネルギーを相互変換”可能なものとする高効率機械式バッテリーシステムの開発を行っています。

クリックで拡大します

太陽光をレンズで集光させることで発電効率を上げるモジュール

研究室の一日

本研究室では、時間の縛りはまったく無いです。朝早く来る朝型の人もいれば、昼ごろから来て夜遅くまでやる夜型の人もいます。自分の生活に合わせた研究スタイルができる環境です。大まかに光チーム、熱チームの二つに分かれており、チーム内で協力し合い、研究を進めていく体制が整っています。わからないことがあっても先輩方が丁寧に指導し、“やってみよう”といった方針でイメージが実物になることが多いです。ゼミでも学年関係なく様々な意見が飛び交い、盛り上がっています。

クリックで拡大します

普段の研究室です。学部生に指導する修士生や、論文を読んでいる人もいます

修論・卒論テーマ

  • (修)低倍率集光型太陽電池モジュールの設計製作およびソーラーシェアリングでの優位性検討
  • (修)小型バイナリー発電用トロコイド膨張機の性能評価~スクロール膨張機との比較~
  • (修)集光型太陽電池モジュール用マイクロレンズアレイの温度変化が集光性能に及ぼす影響
  • (修)遮光法による太陽電池モジュールの屋外STC性能評価の可能性検討
  • (修)光駆動マイクロモータの高回転化および活用方法の検討

博士後期課程修了者数 5名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 富士電機
  • マツダ
  • 新日本製鐵
  • アズビル
  • 信越化学工業
  • 東北電力
  • 旭鉱末
  • 前川製作所
  • 日立化成
  • 不二越
  • 日立金属
  • 住友軽金属
  • ヤマザキマザック
  • 今治造船
  • 三菱レイヨン
  • 大学・研究機関
  • スズキ
  • 村田製作所
  • フジクラ
機械創造工学専攻 M1 高橋 克征(都立産業技術高専出身)