11
前のページ 次のページ

環境・プロセスデザイン研究室

教授/中山 忠親

教授中山 忠親

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 未知への挑戦で創造力UP!
  • 国際交流でコミュニケーション力UP!!
  • 楽しい雰囲気で人間力UP!!!

うちの先生

クリックで拡大します

中山 忠親 先生
先生自ら「全力で遊び、全力で研究する」を体現し、日々過ごされています。毎年開催される学内のソフトボール大会は先生・学生共に本気で取り組んでいます。また、国内外の学会、企業との共同研究、海外インターンシップなど学生の希望に合わせて様々ことに挑戦する機会を与えてくれる先生です。

研究内容

本研究室には世界でもトップレベルの充実した研究環境(多種多様な工作機械や実験・評価設備など)が整っており、新規材料の創成・その特性評価・企業と連携した商品化までの一連の研究を自らの手で遂行できるところが特徴です。本研究室で研究・開発された材料や技術が評価され、企業から表彰されることもあり、最先端の研究に携わることができます。
〈最近の主な研究対象〉
3Dプリンターによるマイクロ構造体の作製、有機無機ハイブリッド材料への電磁場の応用、排熱回生を目的とした強誘電体材料の作製、強誘電体材料の合成プロセス改善、環境浄化システムの設計と構築など。

クリックで拡大します

共同研究先の社長から技術貢献賞を受賞

研究室の一日

本研究では学生の自主性を重んじており、コアタイムはありません。多くの学生は午前中に研究室に来て実験を始めます。夜は学生同士で筋トレやソフトボールの練習など運動をする人、ひたすら研究する人と様々です。企業とのTV会議や直接の打ち合わせをする人もいて商品化の最先端の開発に携わっている人もいます。 学会では先生方が運営する国際学会に参加だけでなく学会の運営も経験できます。学生のうちから企画・運営にも携わることができ、技術・研究能力だけでなく人間力も身につけることができる研究室です。

クリックで拡大します

ドイツでの国際会議発表の時の一コマ

修論・卒論テーマ

  • (修)接触帯電によるZrO2粒子の運動制御の実証および動的メカニズムの解析
  • (修)焦電性セラミックスによる熱電変換特性向上に資するハード・ソフト系材料設計と実証研究
  • (博)サーマルマネージメントの高度化に資する新規無機フィラー配列構造の設計とプロセスの研究
  • (博)耐環境用途に向けた複合酸化物およびその複合材料の材料設計と創製に関する研究

博士後期課程修了者数 13名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 花王
  • 信越化学
  • 日野自動車
  • 住友電気工業
  • 大日本印刷
  • 日立パワーソリューション
  • 大王製紙
  • 三菱電機
  • パナソニック
  • 日立化成
  • 新日鉄住金エンジニアリング
  • リコージャパン
  • 東レエンジニアリング
  • ユニオンツール
  • 電力会社(東京・東北・北陸)
  • 豊橋技術科学大学
  • 仙台高専
  • 阿南高専
電気電子情報工学専攻 M2 蓮池 駿人(長岡高専出身)