学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

6
前のページ 次のページ

燃焼学研究室

教授/門脇 敏  准教授/勝身 俊之  助教/Thwe Thwe Aung

教授門脇 敏

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

准教授勝身 俊之

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧

助教Thwe Thwe Aung

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • ゼロから学ぶ燃焼学
  • 小さな炎に大きな可能性
  • 現実世界の炎から仮想現実の炎まで

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

門脇 敏 先生
門脇教授はとても優しく、フレンドリーな方です。特に、学生のことを常に考えていてくださります。もちろん研究については、的確なアドバイスを下さります。飲み会の際には意外にもアニメの話などもして下さる事があります。研究ばかりでなく、私たちの楽しく、充実した学生生活を支えて下さっている先生です。

研究内容

門脇研究室では様々な燃焼について実験と数値解析の二つの方向からアプローチし、研究を進めています。実験組は現在、『マイクロフレーム』と『セル状火炎のレーザー計測』、数値解析組では『予混合火炎の数値解析』をテーマとして研究を行っています。
また年に一回、研究室内のリスクアセスメントを行っています。研究室及び実験室内の事故の原因となり得る危険源をリストアップし、事故の発生頻度や被害の規模を基にランク分けし、対策を施すというものです。これにより安全工学についても学べます。

クリックで拡大します

三次元解析結果

研究室の一日

特にコアタイムが決まって無いので、全員自由な時間に来て研究を進めています。各テーマでグループに分かれて、院生と学部生が一緒に研究を進めています。そして、週に二回、全員が研究の進捗報告を行うゼミがあります。また、研究以外では歓送迎会など各種飲み会も定期的に開かれ、系長杯などのスポーツイベントにも積極的に参加しています。先生方はとても優しく、学生の相談事にも真摯に対応してくれます。研究以外の課外活動にも理解がある先生方なので、学生生活をフルに楽しむ事ができると思います。

クリックで拡大します

研究室内の風景

修論・卒論テーマ

  • (卒)フラットバーナーにおける水素-空気-二酸化炭素予混合火炎の不安定性に関する研究
  • (修)スリット/フラットバーナー上における水素-酸素-二酸化炭素予混合火炎の不安定性
  • (修)予混合火炎の不安定挙動に及ぼす未燃ガス温度と熱損失の影響
  • (修)メタン-酸素マイクロ対向流拡散火炎の燃焼特性
  • (修)水素球状伝播火炎における動的挙動と火炎伝播に及ぼすCO2添加の影響

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 東北電力
  • 日立製作所
  • 村田製作所
  • アイシン精機
  • アンリツインフィビス
  • 凸版印刷
  • 日本精機
  • IHI
  • マツダ
  • 富士重工業
  • スズキ
  • Honda
  • コベルコ建機
  • ユニオンツール
  • エプソン
  • 富士電機
機械創造工学専攻 M1 熊木 大和(新潟県立直江津高校出身)