学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

5
前のページ 次のページ

精密加工・機構研究室

准教授/磯部 浩已

准教授磯部 浩已

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL
  • 超音波振動を使った加工
  • 光を使って材料を観察
  • 見えない力で微細な加工

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

磯部 浩已 先生
研究に行き詰った時には、相談し議論をすることで解決策の方向性を一緒に考えてくれます。また、バイクや釣りなどが趣味なので同じ趣味の人はもちろん、様々な話題で話が盛り上がります。

研究内容

主に20kHz以上の超音波振動を使った研究をしている。
☆加工現象の撮影技術の開発
超音波帯域での加工現象には未解明な点が多いので、当研究室で開発した手法(特許取得済み)で加工を撮影し現象の解明に取り組んでいる。
☆小径ドリル加工技術への応用
近年使用されている小径ドリルは低剛性などの問題があるため、加工抵抗の低減などの効果がある超音波振動援用加工を行っている。
☆超音波研削液による研削性能向上
研削砥石の目詰まり抑制、表面性状改善を目的として研削液に超音波振動を重畳する研究を行っている。

クリックで拡大します

超音波援用加工中の被削材内部応力を光弾性法によって撮影

研究室の一日

研究室の学生は朝に当日の研究計画をメールで先生と同じ班のメンバーに送る事から始まります。また火曜日から金曜日には朝8時からミーティングやゼミを行います。ミーティングでは各自の進捗報告、ゼミでは持ち回りで論文や教科書をまとめたものを発表します。その際、必ず質問されるのでただまとめるだけでなく、理解しておくことが必要になります。研究の進め方は、二人ないしは三人の班で協力して研究することになります。必要な部品などは自分で設計し、工作センターですぐに加工することができます。

クリックで拡大します

国内の学会だけでなく、国外で行われる国際学会などにも参加します

修論・卒論テーマ

  • (卒)研削加工における被削材内部応力分布の光弾性法による可視化とCT法による再構成
  • (修)超音波振動エネルギを重畳した研削液雰囲気中における研削点の温度測定

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • コクヨ
  • ジェイテクト
  • JR東日本
  • アイホン
  • 小金井精機
  • 日本精工
  • 村田製作所
  • ダイキン工業
  • マイクロ・テック
  • GSユアサ
  • 三菱レイヨン
  • BOSCH
  • Canon
  • JFEスチール
  • オークマ
  • 東京ガスエンジニアリング
  • 日本精機
機械創造工学課程 B4 髙野 心平(長岡高専出身)