2

准教授

霜田 靖

准教授

霜田 靖

 

  • 未知なる「脳」の可能性を探る
  • 未知なる「自分」の可能性を探る
  • 世界から「いいね!」をもらえる研究を

研究内容

 人間が生きていく上で必要な思考や行動は、全て脳の指令によって生み出されます。脳は生物が持つ臓器の中で最も複雑であり、未解明な部分が多く謎に包まれています。私たちの研究テーマは、脳における謎を解明していくことです。
 脳は神経細胞と呼ばれる細胞の集合体です。それらが複雑なネットワーク(神経回路)を形成することで、見る、聞く、話すなどの様々な高次機能が生まれるのです。これらが正常に行われるためには、神経細胞表面に存在する細胞接着分子の働きが重要であり、その機能を探ることは脳が持つ機能の解明につながります。
 当研究室では分子生物学、細胞生物学、免疫組織化学などの手法を用いて、細胞接着分子の機能や局在を調べるなど、脳の発達についての基礎研究を行っています。ここから、さらに自閉症や統合失調症、てんかん発作などの病気のメカニズムを解明しようと試みています。

クリックで拡大します

培養細胞へ遺伝子を導入中

研究室の一日

 当研究室では朝10時から夕方5時までをコアタイムとし、それ以外は学生の自主性に委ねられ、研究テーマに向けて主体的に取り組んでいます。月曜日にその週の実験計画を報告することから一週間がスタートします。週に一度のゼミでは、実験結果や進捗状況をディスカッションします。さらに、最新の脳神経関連の論文紹介も行っており、新たな知見を得て、効率よく研究を進めるための重要な場となっています。また、実験動物の飼育も重要な仕事です。当番制でマウスやラットの餌やり、掃除などを行っています。
 研究以外では、雑談をしたり、みんなで食事に行ったり、研究室旅行、球技大会など楽しい時間を過ごしています。
 また、海外の研究者との共同研究も行っており、実務訓練では学生を海外に送り出しています。さらに海外の方が来日する際には食事に出かけていろいろとお話しすることもあります。そういった国際交流ができることも当研究室の魅力の一つです。

クリックで拡大します

学会でのポスター発表

修論・
卒論
テーマ

(博)グルタミン酸作動性シナプスにおける神経認識分子NB-3の関与

(博)聴覚系神経回路形成に関わる神経認識分子NB-2の機能解析

(修)Caspr2によるNeuro2a細胞の微小突起形成のメカニズムの解析

(修)神経認識分子NB-3とRPTPγの相互作用解析

(修)発達過程における神経認識分子Caspr4の局在解析

(修)神経認識分子NB-2とAPLP1の相互作用様式の解析

(修)神経認識分子Caspr3のマウス大脳基底核における局在

こんな企業に
就職しました

・森永乳業 ・グリコ乳業 ・よつ葉乳業 ・フジパン ・ミヨシ油脂
・ロック・フィールド ・デンカ生研 ・メディネット ・UL Japan ・カルモア
・アース環境サービス ・ヤマヒサ

生物機能工学専攻 M2 大野達彦(長野県飯田工業高校出身)