• HOME
  • プロジェクト

プロジェクト

「大学力」を結集したプロジェクトの推進


長岡技術科学大学では、持てる力を結集した
「大学力」により、教育と研究を始めとする活動の飛躍的発展を目指したプロジェクトを推進しています。
●現在進行中のプロジェクト
教 育

〜教育の質向上に向けた教育改革〜
プロジェクト名 開始
年度
目的・概要
社会の多様化とグローバル化の進展に対応した戦略的技術者育成
−高専と協働する技術者育成アドバンストコース−

事業概要図(PDFファイル)

【運営費交付金 特別経費】 
H22〜  高等専門学校と協働して、将来の産業界をリードする多様で高いレベルの実践的・戦略的技術者育成プログラム(技術者育成アドバンスドコース)を確立する。 
安全パラダイム指向博士育成基盤教育推進事業
事業概要図(PDFファイル)

【運営費交付金 特別経費】 
H22〜  本学の先進制御技術の教育研究を展開・発展させて、暮らしの安全を目指した先進テクノロジーの制御システムの安全確認型システムと機能安全を提示し、今後の我が国の各産業分野における機能安全設計のリーダーとなる先駆的技術者の人材育成を行う。 
GPGPU実践教育によるハードウエア指向型IT人材育成
事業概要図(PDFファイル)

H23〜  GPGPUをハードウエア教材として取り上げ、PBL型教育により、学生が自らGPGPUの知識・スキルを駆使して取り組むべき課題を立案・解決する、問題解決型のIT教育を実践する。このような学部―修士を通したPBL型の研究志向型実践教育により、ITに係る該博な知識を統合し、融合的且つ複眼的思考能力を体得した先導的ハードウエア指向型IT人材を育成・輩出する。 
原子力発電リスク認識のための中学−高専−大学院高度連携教育
事業概要図(PDFファイル)


【国際原子力人材育成イニシアティブ事業】
H24〜  原子力に関する専門知識とシステム安全工学の視点を身につけ、さらに、原子力発電所のシビアアクシデント管理に関わる最新の知見に基づき、技術者と住民がリスク認識を共有しつつ、防災計画を策定・合意することを可能とするための中学−高専−大学院教育のカリキュラムを開発する。 
研 究

〜新たな価値を創造する先進的な研究の推進
産学融合トップランナー発掘・養成システム

【テニュアトラック普及・定着事業】 
H24〜   若手研究者が自立して研究できる環境の整備を促進するため、テニュア・トラック制に基づき、若手研究者に競争的環境の中で自立性と活躍の機会を与える仕組みを導入するためのプログラム 
低炭素社会のためのメタン高度利用技術
メタン高度利用技術研究センター

【運営費交付金 特別経費】
H21〜 天然ガス有効利用とバイオマス資源活用に取り組んでいる長岡地域の特性を生かし、メタンを物質変換用資源およびエネルギー資源とする高度利用技術を開発する。これによって、地域のエネルギー消費特性に適応し、温室化効果ガス排出を抑制する「低炭素社会」の実現に貢献する。
次世代ものづくり技術の基盤となる超高信頼性材料創成事業

【運営費交付金 特別経費】 
 H23〜  「超高信頼性材料」の設計、プロセス開発、特性解析および実用化検証を行う。次世代ものづくり技術の基盤となる新学術分野を構築する。製品に使用される材料のシステム全体を解析することによって、製品に通常では具備できない高い価値を、材料開発によって与える。このような新たなコンセプトを、電気自動車や高効率発電機の部材として必要とされる高強度な部材の信頼性の飛躍的向上を主要なターゲットにして、本事業期間で成果を出すことを目指す。 
暗黙知イノベーション創成事業
事業概要図(PDFファイル)

H25〜  本学が有する「技学」の知見を「暗黙知」にフルに適用することの出来る仕組みと場を形成するとともに、これを生かすことで「暗黙知イノベーション」を創出するための「技学」研究機能を強化するものであり、その推進を通じて本学が「技学」の世界的中心的発信地としての地位を確立する。 
国際協働

〜国際社会における課題を解決する研究とグローバル人材養成〜 
環太平洋新興国との高度な双方向連携教育研究による持続型社会構築のための人材育成・新産業創出拠点形成事業

【運営費交付金 特別経費】
H23〜 持続的社会を先導するグリーンイノベーション分野(環境、エネルギー、バイオ、物質材料)のためのグローバル人材育成を、環太平洋新興国との双方向連携教育体制による、一貫型大学院ダブルディグリーコースを新たに設け、推進することで、バイオマス資源、産業廃棄物等の高度利用、高度資源化を実現する人材を輩出し、我が国のイニシアチブのもと新産業創出拠点を構築する。
天然ゴムを用いる炭素循環システムの構築(ESCANBER)

【地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS) 】
H22〜 開発途上国のニーズを基に、将来的な社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進し、地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる新たな知見を獲得することを目的とし、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図る。本学、東京高専、国立環境研究所、ハノイ工科大(ベトナム)、ベトナムゴム研究所(ベトナム)の共同研究である。

●これまで推進してきたプロジェクト
〜 プロジェクトとしての期間は終了しておりますが、当該プロジェクトを「基盤」とし、現在も様々な教育・研究活動等を展開しています〜
○21世紀COEプログラム世界的研究教育拠点

・ハイブリッド超機能材料創成と国際拠点形成(H14-18年度)

グリーンエネルギー革命による環境再生(H15-19年度)
○ハノイ工科大学とのツイニングプログラムの拡充
 −新たな国際連携教育に対する取組みと技術者養成−(H17-19年度)
○現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)
GT実践体験を織り込んだ環流型教育の深耕(H19-21年度)
○「魅力ある大学院教育」イニシアティブ(大学院GP)
一貫コース型3Gマインド先導的研究者養成(H18-20年度)
○高性能マグネシウム工学研究センター素材創製工学研究部門における事業の推進(H17-21年度)
○大学教育の国際化加速プログラム
日墨米3国協働による技術者養成プログラム(H20-22年度)
○大学教育の国際化加速プログラム
国際連携教育による実践的技術者養成
-メキシコ・ヌエボレオン州内の5大学とのツイニング・プログラム-(H18-21年度)
アジア地域におけるグリーンポリマー炭素循環事業 (H18-22年度)
○教育研究高度化のための支援体制整備事業
グローバル融合工学の構築を目指した教育研究の高度化推進 (H21-22年度)
○産学連携による実践型人材育成事業
産学連携ものづくりフロー実践に基づく設計教育プログラムの開発 (H20-22年度)
○質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)
・UDに立脚した工学基礎教育の再構築 (H20-22年度)
・実践的技術教育マイスター制度 (H20-22年度)
○大学教育推進プログラム
学習サポーター制度による教育力の進化 (H21-23年度)
○若手研究者の自立的研究環境整備促進
産学融合トップランナー発掘・養成システム (H19-23年度)
○極端条件(極低温、超高圧等)での物質測定、材料合成法の開発(事業概要図(PDFファイル) )(H19-23年度)
異分野チーム編成融合型グローバルリーダー養成コース (H20-24年度)
○イノベーションシステム整備事業
大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型) (H20-24年度)
大学等産学官連携自立化促進プログラム(コーディネーター支援型) (H22-24年度)

このページの先頭へ