技術開発センターについて
   概要  
 技術開発センターは、産学一体となった先端技術の開発と人材育成を目的に学内共同施設として1981年4月に設置されました。センター内に共同利用スペースを有し、パイロットプラントのような比較的規模の大きな実験にも対応できます。企業と教員との間のコーディネートを行い、共同技術開発の推進、学内外における学際的共同技術開発の推進、技術教育のための教育方法の開発・研究、大学院生に対する総合的実習などの事業を実施しています
   体制・組織   
 技術開発センタープロジェクトについて
   概要 
 プロジェクトは、本学教員をプロジェクトリーダーとして客員教授(准教授)、企業・本学研究員、本学大学院生のチームにより組まれます。提案は、企業側と事前に調整してプロジェクトリーダーがおこないます。プロジェクトではさまざまな知見を試作品などで具現化し、明確なアウトプットを目指し、大学院生の問題解決能力を養成します。企業とともに遂行する産学協同研究・教育制度です。
   教育上の意義  ■
 わが国の科学技術は世界をリードする水準にあり、さらなるイノベーションに期待がかかっています。国際的に通用する新技術を自主的に開発する能力は、イノベーションを目指すためのたいへん重要な武器になります。そのような能力を備えるためには、柔軟な考え方と実践的な経験を組み合わせ、独創性を育むことが肝要です。本センターでは、大学と企業の研究者が協同して学生に直接アクセスし、実践的な技術開発訓練を課することにより独創性の高い学生を育成します。
   運営のしくみ 
内容 本学が研究を展開しているあらゆる工学分野において、プロジェクトを実施することができます。
期間 3年間(延長も可能)
経費 プロジェクト参画企業等が負担
(500万円以上分割払い可能)
場所 本学技術開発センターの研究室・実験室等の施設・設備を使用する場合があります。
プロジェクト契約には、秘密保持に関する事項も設定しています。
プロジェクト研究により知的財産が生じた場合は、プロジェクト契約書に定めるところにより登録の手続きを行います。
 プロジェクトでは 
◎試作品を目指す ◎講演会を活用して交流を深める
 知を具現化するために、本センターでは「知の実践」に力を入れています。知の実践とは、技術教育・研究活動の地道な積み重ねを経て育んできた知を、試作品などの形で見えるように、動くようにする取り組みのことです。見えれば、動けば、製品化に向けての大きな契機・飛躍につながることでしょう。  プロジェクト参加企業は、技術開発センター成果講演会「知の実践」にて試作品の報告をしたり、自社の紹介をしたりすることができます。本学学生に広く企業活動を紹介できるばかりでなく、講演会に集まるたくさんの企業、研究者等に自社の取り組みを伝えることができます。
◎大学内にサテライト研究室ができる ◎企業人も教育に参加する
 本センターでは、実験を行うためのスペースをプロジェクトに貸与しています。スペースに実験装置を設置しながら本学教員・学生と実験を進めることができますし、センター内の分析装置などを利用することができます。つまり、大学に会社のサテライト研究室が誕生するということです。  本学では、実践的な技術者教育を重視しています。特に博士課程を中心に大学院教育には活きた技術開発教育を積極的に導入しています。
 また、優れた人材を企業から客員教授(准教授)としてプロジェクトに招き、連携して大学院生の教育を行います。社会が必要とする技術者を自ら育てる醍醐味を味わってみませんか。
◎プロジェクトリーダーとは ◎客員教授とは
 本学の教授、准教授、講師で、技術開発センタープロジェクトを提案し、専門的知見から指導、助言するとともに、プロジェクト全体を総括します。客員教授や企業側研究員とともに知を具現化するための試作・実験を繰り返し、3年間で成果をあげます。本学教員の約1割がプロジェクトリーダーとして参加しています。本学の技術開発を支える新進気鋭の教員集団です。  プロジェクトに参画している企業の研究者のうち、博士取得者あるいは同等の見識、経験を有する方を本学の客員教授として採用し、本学の教授職として月に1回程度プロジェクトリーダーと協力して学生の研究指導にあたっていただくとともに、年に1回程度講義や講演を担当していただいています。工学教育に携わることで広く社会に奉仕したいという熱意を持つ方が望まれます。
 なお、年齢や経験を考慮し、客員准教授となる場合もあります。
財)長岡技術科学大学
技術開発教育研究振興財団