大学案内

教育組織一覧

機械創造工学専攻
ホームページ

工学部
機械創造工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
機械創造工学専攻

【設置目的】

社会の変化をとらえた新しい機械装置・システム・材料を創出していくことができる能力を持った実践的・創造的技術者・研究者の養成を目指し、【1】社会のグローバル化への対応、【2】環境・エネルギー問題への対応、高齢化・福祉社会への対応、【3】地域研究・開発連携、企業化などの社会への貢献、【4】様々な分野で必要とされる材料の開発等を考慮して、(1)情報・制御、(2)生産、(3)人間環境、(4)材料の4分野に対応した教育・研究を行います。

電気電子情報工学専攻
ホームページ

工学部
電気電子情報工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
電気電子情報工学専攻

【設置目的】

「エネルギーシステム工学」、「電子デバイス・光波エレクトロニクス工学」及び「情報・通信システム工学」の3分野からなり、それぞれ環境問題を考えた次世代エネルギー利用・電力システム、電子・光等の複合機能を持つ機能性材料・デバイス及びこれからの情報・通信時代に対応しうる先端ハード・ソフトウェアに関する実践的・創造的技術者・研究者の育成を行います。

物質材料工学専攻
ホームページ

工学部
物質材料工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
物質材料工学工学専攻

【設置目的】

原子・分子に関する基本概念を基に、無機材料と有機材料の種々の性質、材料合成法や材料解析法に関する基礎科学、さらに、種々の材料を組み合わせて機能を発現させるデバイス化やシミュレーション法を基にした専門的知識を習得します。これにより、サステイナブル社会の構築のため、材料の本質を理解する能力と創造性を身に付けた新材料の開発に実践力をもつ技術者・研究者の育成を行います。

環境社会基盤工学専攻
ホームページ

工学部
環境社会基盤工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
環境社会基盤工学専攻

【設置目的】

人類の健全な社会・文化・経済活動を支える種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持するための専門基礎知識、及び、総合的かつグローバルな視点からサステナブルな社会へ貢献し、巨大災害へも対応できる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者を育成することを目的としています。

生物機能工学専攻
ホームページ

工学部
生物機能工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
生物機能工学専攻

【設置目的】

生物の持つ多様な機能を工学に応用し、その機能をさらに拡張しうる専門的能力を備えた実践的・創造的人材の育成を目的としています。エネルギー、情報、物質に関する工学を生物機能の観点から追及し、新たなバイオシステムの研究・開発を牽引するために必要な知識と問題解決力を養います。そのために、生物機能の基礎から応用までの幅広い教育を行います。

情報・経営システム工学専攻
ホームページ

工学部
情報・経営システム工学課程
大学院 工学研究科 修士課程
情報・経営システム工学専攻

【設置目的】

健康的で快適な個人生活および多様性と持続性のある情報社会を実現するために、最先端の情報技術・情報科学を体系的に習得し、それらを製品・システム・サービスとして提供する経営システムをデザインできる実践的・創造的技術者・研究者・経営者の育成を行います。

原子力システム安全工学専攻
ホームページ

大学院 工学研究科 修士課程
原子力システム安全工学専攻

【設置目的】

機械、電気電子・情報、材料、建設、生物などの基盤工学分野の専門知識を基盤とし、その上にシステム安全及び原子力工学の専門知識と、原子力安全確保の考え方を身に付けるとともに、住民等との技術コミュニケーションを促進しうるスキルを備え、更にグローバルに活躍できる、これからの日本に必須の実践的原子力人材の育成を行います。

技術科学イノベーション専攻
ホームページ

大学院 工学研究科 5年一貫制博士課程
技術科学イノベーション専攻

【設置目的】

機械・電気・材料・建設・生物などの専門分野の高度な研究能力に立脚し、海外拠点大学を中心としたグローバル産学官ネットワーク(グローバル融合キャンパス)を土台とした技術科学(技学)教育により、世界で活躍でき、イノベーションを起こせる能力を持ち、日本及び世界の産業を牽引する特に優れたリーダーの育成を目指します。

基盤共通教育部
 

【設置目的】

実践的技術者として必要とされる基礎自然科学の知識とその運用力、語学(英語)の運用能力、留学生の日本語運用能力を、工学教育に則して体系的に教育する。

システム安全専攻
ホームページ

専門職大学院 技術経営研究科 専門職学位課程
システム安全専攻

【設置目的】

国際標準の安全理論、安全法規の基礎の上に立ち、安全技術とマネジメントスキルを統合して応用する「システム安全」に関する実務教育及び専門職養成を行う。

博士後期課程【教育組織】

【教育組織】

大学院 工学研究科 博士後期課程
情報・制御工学専攻、材料工学専攻、エネルギー・環境工学専攻、生物統合工学専攻

【設置目的】情報・制御工学専攻

情報技術工学、知識情報工学、精密制御工学の分野からなり、センシング、信号処理、音響・画像処理;知的計算複合、遺伝、認知、意思決定;モデル化、分子生物、知的制御、精密加工などの基盤技術の体系化を図ります。そして、これらの技術によって、生産システム、メカトロニクス、ロボティクス、バイオテクノロジー、ヒューマンインタフェース、医用・福祉機器、経営システム等の開発に資することを目的としています。

【設置目的】材料工学専攻

広範な科学技術分野で必要とされる多様な特性を持つ新素材、構造材料を設計・製造する技術、高性能・高機能の材料を創出する技術、それらの多様な材料を複合して新規な性能・機能を持つ材料を生み出す技術、及び様々な環境で使用される材料を客観的に評価する技術などの研究分野で構成されています。これらの技術に関する研究分野のなかで、先端的、開拓的な研究を推進するとともに、このような研究を立ち上げ、責任をもって運営・管理できる人材を育成することを目的としています。

【設置目的】エネルギー・環境工学専攻

自然と人間社会とを調和させ、これまで技術の発展により築きあげてきた高度な文明を今後も維持するために、現在我々が直面しているエネルギーと環境に関連する諸問題を解決していくことをこのコースの目的としています。エネルギー問題を解決していくためには、新エネルギー資源や高機能エネルギー材料などの開発、省エネルギー技術の向上などが必要となります。また、新たな技術を利用していくためには、技術が自然に与える影響を把握し、自然と人間社会とを適合させる必要があります。これらの個々の要素技術や全体のシステムを研究の対象としています。

【設置目的】生物統合工学専攻

この数十年の間にバイオテクノロジーは急速な成長を遂げ、本来の分野である生命科学分野にとどまらず、さまざまな異分野を巻き込んだ幅広い展開をもたらしつつあります。生物統合工学専攻はこの状況にいち早く対応するために、生命科学と化学・情報・環境科学を統合した技術を開発できる人材の育成を目的として設置されました。生命科学・化学・情報・環境科学などの分野を専門とするスタッフが連携し、生体分子機能工学、細胞機能工学、生体システム機能工学の3分野に分かれて、研究ならびに教育を進めます。