本文ここから

独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する社会貢献債「JICA債」への投資について

更新日:2020年6月5日

 長岡技術科学大学は、資金運用を通じた社会貢献活動の一環として、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」という)が発行する社会貢献債「JICA債」への投資を行いました。
 JICAは、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への国際協力を行う機関です。
 現在、本学はJICAが実施する、ベトナム・人材育成奨学計画、東ティモール大学工学部能力向上プロジェクト、アフリカの若者ための産業人材育成イニシアティブ、モンゴル工学系高等教育支援事業、マレーシア日本国際工学院計画に参加し、積極的に国際貢献活動を行っているほか、国際教育研究等を支える戦略的海外拠点として、モンゴル、ベトナム、タイ、マレーシア等に技学テクノパークオフィスを設置し、現地の高等教育機関と連携し、人材、技術両面からの支援を進めています。
 また、2018年10月には、国連アカデミック・インパクトにおけるSDG9(産業と技術革新の基盤をつくろう)の世界ハブ大学に任命され、SDGsに係る取組を牽引する役割も担っています。
 今般、本学が投資を行った「JICA債」で調達された資金は、有償資金協力事業に充当されます。2018年度に実施した本事業のうち63%がSDG9に関連する事業に投資されており、本学のSDGs活動と親和性が高いものとなっております。開発途上地域の経済・社会の開発、日本及び国際経済社会の健全な発展に用いられるため、「JICA債」への投資は地球全体の課題解決に繋がっています。
 本学は、世界の大学を代表するハブ大学に選出された名誉と責任に基づき、産業と技術革新の基盤形成をはじめ、持続可能な世界を実現するための取り組みを牽引してまいります。

お問い合わせ

大学戦略課 SDGs・プロジェクト推進係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9021 FAX:0258-47-9020

産金学官連携によるSDGs推進