本文ここから

学納金、その他免除、奨学金

学納金と奨学金に関する情報です。

入学料、授業料等

授業料等

入学した時の身分によって、入学料・授業料などの金額が違います。
(単位:円)

身分検定料入学料授業料その他(*)
学部第1学年入学者17,000282,000535,800/年約40,000
第3学年入学者30,000
大学院修士課程入学者30,000
博士後期課程入学者
5年一貫制博士課程入学者30,000N/AN/A
非正規生研究生入学者9,80084,60029,700/月約1,500
特別聴講学生N/AN/AN/A
特別研究学生


入学料、授業料を決められた期日までに支払わなかった場合は除籍となり、在留資格を失い、帰国しなければなりませんのでご注意ください。(除籍されると再入学はできません。)
*学研災、同窓会費、長岡技術科学大学教育振興会助成金、新入生研修費

その他

学生教育研究災害傷害保険料、及び学生教育研究賠償責任保険

全ての学生が入学時に加入を求められます。詳細は学生支援課にお問い合わせください。

年間支払い額(円)
1年間分1,340
2年間分2,430
3年間分3,620
4年間分4,660
5年間分5,750

その他費用

  • 同窓会費:12,000円
  • 長岡技術科学大学教育振興会事業助成金:20,000円
  • 新入生研修費(学部3年生):10,000円

入学料、授業料免除、延長

最新情報について、こちらをご確認ください。
詳細は学生支援課にお問い合わせください。

入学料の免除

いずれかに当てはまる場合、選考の上入学料の全額、または半額が免除されます。手続きは入学手続き中に学生支援課で申請してください。

  • 学部に入学する場合

入学する1年以内に、入学者本人が日本で台風、洪水等の災害に遭い、入学料を支払うことが極めて難しいと認められる場合。

  • 大学院に入学する場合

(1)経済的な理由で入学料を支払うことが極めて難しく、かつ成績優秀で認められる場合
(2)入学する1年以内に、入学者本人が日本で台風、洪水等の災害に遭い、入学料を支払うことが極めて難しいと認められる場合

入学料の徴収猶予

いずれかに当てはまる場合、選考の上入学料の支払い締め切りを延長します。手続きは入学手続き中に学生支援課で申請してください。なお、研究生は申請できません。

(1)経済的な理由で入学料を支払うことが極めて難しく、かつ成績優秀で認められる場合
(2)入学する1年以内に、入学者本人が日本で台風、洪水等の災害に遭い、入学料を支払うことが極めて難しいと認められる場合

授業料の免除

いずれかに当てはまる場合、選考の上授業料が全額、または半額免除されます。手続きは決められた期間内に学生支援課で申請してください。

(1)経済的な理由で授業料を支払うことが極めて難しく、かつ成績優秀で認められる場合
(2)入学する6か月以内に、入学者本人が日本で台風、洪水等の災害に遭い、授業料を支払うことが極めて難しいと認められる場合

【重要事項】

  • 授業料免除制度は成績と所得で適用されますが、基本的に免除されないものだと考え、資金計画を立ててください。
  • 免除申請は半期ごとに申請しなければなりません。申請の締め切り等は大学のホームページ、および学内掲示板で案内しますので見逃さないようにしてください。
  • 留年したり休学したりすると授業料は免除されません。
  • 国費留学生や政府から奨学金を得ている場合は申請できません。

留学生のための奨学金

奨学金の種類によって条件や期間が異なります。詳細は主要機関または国際課に直接問い合わせをしてください。

国費外国人留学生

資格入学時身分
学士を取得した新渡日の学生大使館推薦の研究生(*1)
大学推薦の研究生または大学院1年次の正規生(*2)
学部留学生大使館推薦で新渡日する学部1年次の正規生(*1)
高専を卒業して学部3年次の正規生として編入学する者

(*1)毎年、在外日本公館等で募集が行われ、希望者が各自で応募します。詳細は自国の在外日本公館に問い合わせてください。
(*2)大学推薦:毎年11月頃に募集を行います。応募者は指導を受けたい教員と連絡をとり、受け入れ可能か承認を得る必要があります。

国費の期間延長

更に上級の学位取得(修士または博士)のために進学する場合、期間延長の申請が可能です。(ただし成績基準あり。)
留年した場合、奨学金は打ち切られます。

国費留学生に対する経済支援

  • 月々奨学金(金額は学生の身分による)
  • 検定料と授業料の免除
  • 渡日旅費と帰国旅費の支給

民間団体等の奨学金

毎年4月と9月に国際課が配布する私費外国人留学生奨学金募集要項を参照してください。

大学推薦による奨学金

大学にて選考が行われ、候補者を推薦します。候補者は国際課から指示される必要書類を国際課へ提出し、応募します。

個人応募による奨学金

学生が各民間団体に直接応募します。
詳しくは日本学生支援機構(JASSO)のホームページをご覧ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.jasso.go.jp/en/study_j/scholarships/index.html(外部リンク)
民間の奨学金は多くても10万円前後です。成績や出身国などの条件がありますので、応募しても必ずもらえるわけではありません。あてにしないように資金計画を立ててください。

お問い合わせ

学生支援課奨学支援担当(授業料免除、学生教育研究災害傷害保険等に関して)

  • 場所:事務局棟2号1階
  • Email:fukurigroup☆jcom.nagaokaut.ac.jp(送信する時は☆を@に変えてください)

国際課留学生支援係(奨学金に関して)

  • 場所:事務局棟2号2階
  • Email:ryugaku☆jcom.nagaokaut.ac.jp(送信する時は☆を@に変えてください)

留学生支援