このページの先頭です


本文ここから

大学院第一種奨学金の返還免除(修士課程相当)

更新日:2022年3月11日

対象者

修士課程、5年一貫制度博士課程1~2年生で日本学生支援機構第一種奨学金貸与終了予定者。

申請方法

各専攻から返還免除候補者として推薦された奨学生に、例年3月初旬頃、学生支援課奨学支援係からメールにて連絡をします。
連絡があった方は、以下の案内に従って申請書類を作成し、奨学支援係へ提出してください。

提出書類

下記(1)~(5)の書類を、氏名、学籍番号及び所属専攻名を記載した封筒に入れて提出してください。
提出書類部数注意事項
(1)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。評価項目申請書(Excel:19KB)1部 
(2)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式1 業績優秀者返還免除申請書(表・裏)(Excel:41KB)1部印刷したものに署名
(3)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式2 推薦理由書(Excel:33KB)1部本人が記入
(4)修士論文要旨(1,000字概要)2部イノベ学生は不要
(5)業績を証明する資料2部下記★《業績と証明資料について》参照

★《業績と証明資料について》

  • 様式1「業績優秀者返還免除申請書」に、専門分野に関連する業績を3~5件程度記載し、証明資料を用意してください。(記載する業績には、必ず裏付けの公式書類が必要です。)
  • 論文、発表等の証明資料は、基本的に下記の3点が必要です。
  1. 表紙(学会名または論文誌名がわかるもの)
  2. 目次(自分の名前が記載されているページ)
  3. 発表の内容(要旨(アブストラクト)でよい) ※発表の内容(学会誌掲載論文など)に、学会名、論文誌名等が記載されていれば、表紙と目次は不要です。
  • すべてA4版に拡大・縮小コピーをしてください。
  • 両面コピー可。カラー印刷可。
  • 資料右上端には、すべて資料番号(例:資料1-1)を記入してください。(「業績一覧表」の資料番号欄に記載する番号と一致させてください。)
  • ホチキス留めやクリップ等を一切使用しないでください。
  • TA、RA、数日程度のボランティアは、積極的に評価の対象としませんが、学生本人が「業績優秀者返還免除申請書」に記載すること、及び指導教員が推薦理由の一つとしてあげることについては差し支えありません。(証明資料は労働条件通知書か人事異動通知書の写が必要です。)

提出期限・提出先

提出期限:令和4年3月22日(火曜日)正午
提出先:学生支援課奨学支援係(事務局2号棟1階)

書類作成の手順

  1. 申請書類を作成します。各様式には別シートで『記入例』があります。『記入例』を見なければ正確に作成ができませんので、はじめに必ず『記入例』に目を通してください。
  2. まずは「評価項目申請書」を作成します。10種類の「業績項目」のそれぞれの「評価項目」の中から、自分が評価されるにふさわしいと思われる項目を選択し、各「業績項目」内で優先順位を付けてください。
  3. 「評価項目申請書」の内容が妥当であるか、指導教員に確認してもらってください。
  4. 次に様式1「業績優秀者返還免除申請書」を作成します。業績の証明書類も用意してください。
  5. 様式2「推薦理由書」を作成します。「◆特に優れた業績の該当項目」には、「評価項目申請書」で選択した「評価項目」の右端記載の記号(第3の一(1)など)を、「大学院における~業績」及び「専攻に関連した学外における~業績」に分類し、記載してください。

注意事項

書類に不備があった場合、数ヶ月後、必ず訂正を求められます。対応できない場合は、免除が取り消されます。
必ず【記入上の注意】や『記入例』をよく読み、慎重に書類作成をお願いします。

お問い合わせ

学生支援課 奨学支援係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9254 FAX:0258-47-9050