学生が書いた 研究室ガイドブック 2022

前のページ 次のページ
22
電気電子情報工学 課程・専攻

神経情報処理研究室

教授/和田 安弘  技術職員/草野 利樹

教授和田 安弘

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術職員草野 利樹

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 脳機構の解明
  • 生体情報処理
  • ヒトの運動制御

うちの先生

和田 安弘 先生
和田先生は親しみやすく、話していてとても楽しい先生です。お酒が好きな先生なので、飲み会の際はご自宅から色々と持ってきて下さります。また、研究で行き詰まった際には気軽に相談を受けて下さる、学生をよく見てくれている先生です。

研究内容

現在でも不明な点が多い、複雑な運動制御を一瞬にして行ってしまう"人間の脳や神経の働き"を工学的に解明し、その情報を利用して機械を操作するようなインターフェイスの開発に繋げていくことが本研究室の目的です。解析する手法には、近年盛り上がりを見せているような機械学習やディープラーニングといった技術も用いられます。研究テーマは大きく分けて"筋電""脳波""音響"の3つがあり、それぞれ異なる生体信号を取得して研究を行っています。

fNIRSを用いた脳血流測定実験の様子

研究室の一日

本研究室には基本的にはコアタイムが無く、自分の好きなペースで研究を進めることが出来ます(もちろんあまりに進みが遅ければ咎められますが)。週に1度、進捗を報告する会が設けられていますので進捗の確認と先生方との議論が定期的に行えます。それらを通して国内・国際学会へ参加した先輩方も多数居られます。また、脳情報工学研究室(南部研究室)と合同でゼミやイベントを行っていますので、他の研究室よりも関わる人数が多く学生同士の交流が図りやすいのも魅力の一つです。

国際学会に参加する先輩

修論・卒論テーマ

  • (卒)聴覚BCIのリアルタイムシステムの構築に向けた検討
  • (修)運動実行中の脳波を用いたニューロフィードバックに関する研究
  • (修)運動準備時の脳波による運動方向の予測に関する研究
  • (修)作業記憶時の脳波による腕運動方向の推定
  • (修)ヒト腕運動における利き手・非利き手の筋シナジーに関する研究

博士後期課程
修了者数

3

こんな研究機関、企業に就職しました

  • 工機ホールディングス
  • キヤノンイメージングシステムズ
  • ソシオネクスト
  • NTT
  • 日本光電
  • 東北電力
  • 日東工器
  • 小野測器
  • 四国計測工業(株)
  • パナソニックFSエンジニアリング
  • (株)プログデンス
  • TDKラムダ
  • DMM.comラボ
  • ワイ・イー・データ
  • リオン
  • 富士通新潟システムズ
  • 日本電産エレシス
  • ドリコム
電気電子情報工学専攻 小林 樹生(新潟県立長岡高校 出身)