活動報告

GD4年 大川 采久さん(中山研)らの論文がAdvanced Materials Interfaces誌のInside Front Coverに採択されました

 2021年11月23日、卓越大学院プログラムGD4年大川采久さん(中山研究室)らが執筆した、研究論文「Titanium Nitride and Yttrium Titanate Nanocomposites, Endowed with Renewable Self-Healing Ability」が国際学術雑誌 Advanced Materials Interfacesに掲載され、Inside Front Coverとして採択されました。 雰囲気制御による相転移に基づく、亀裂修復および修復剤の再生に成功しました。

 

Advanced Materials Interfaces掲載
 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/admi.202170126