本文ここから

共同研究

令和3年度「高専-長岡技科大 共同研究」助成募集のお知らせ

国立大学法人長岡技術科学大学

 長岡技術科学大学では、全国の高等専門学校の教員と本学の教員が連携して共同研究を実施することで、研究力を向上させるとともに、共同して学生への指導を行うことによる、グローバルに活躍できる実践的技術者の育成を推進しています。
 これらの取組を加速させるため、長岡技術科学大学では企業等との共同研究実施や、科研費等の競争的研究資金の獲得のステップとなり、学生に研究発表の機会を付与する共同研究等、高等専門学校との連携強化を目的とした助成を募集いたします。
 また、昨年度に引き続き、高等専門学校、長岡技術科学大学および企業等との3者以上での共同研究の活性化及び地域イノベーションの創出のための取り組みとして、加速支援型による共同研究についても募集します。
※(1)は「高専と長岡技科大の共同研究」で、(2)は「高専、長岡技科大及び企業等との共同研究」です。

1.応募対象研究

(1)高専と長岡技科大の共同研究

  • 企業等との共同研究を実施するためのステップとなる共同研究を優先
  • 科学研究費補助金等の競争的研究資金の獲得のためのステップとなる共同研究
  • 高専教員と長岡技科大教員が共同して参画学生への指導を行い、学生が学会等で研究成果の発表を行う共同研究

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

  • 高専教員、長岡技科大教員及び企業等の研究者で共同研究を実施することにより、その地域の特色に応じて活性化を図り、将来は地域に貢献する人材を育成する共同研究 

※(2)については、本学―高専―企業の間でプロジェクトチームを発足する等して、本助成後
 に国、自治体等が配分する研究経費の獲得が計画に含まれているものを優先的に受付けます。
※「企業等」は民間企業のほか、地方自治体、NPO法人、商工会議所、農協等の公的団体を指す
 ものとします。

2.応募対象者

(1)及び(2)ともに共同研究の代表者となる高専教員が応募者となり、所属機関を通して応募するものとします。なお、それぞれの条件は次のとおりです。

(1)高専と長岡技科大の共同研究

以下の全ての者が参画する共同研究体制を構築することを条件とします。

  • 代表者が所属する高専の本科5年生又は専攻科生が少なくとも1人以上参画すること。
  • 長岡技科大の教員は、共同研究課題に関連する研究分野の教員であることを必須とし、少なくとも1人以上参画すること。なお、参画する本学教員から承諾書を取得し計画調書に添付すること。
  • 長岡技科大の大学院生が少なくとも1人以上参画すること。

 上記に加え、複数高専の複数の教員・学生が参画すること、上記以外の学年の学生が参画する
 ことを推奨します。

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

  • 長岡技科大の教員及び企業等の研究者が各1人以上参画すること。なお、参画する本学教員から承諾書を取得し計画調書に添付すること。(企業等の研究者の承諾書は不要です。)
  • 企業等の研究費負担があること。(長岡技科大、高専に間接経費を含んだ額)

※高専と本学の交流を深めるため、これまで本学教員との接点のない方の応募も大いに歓迎いたします。希望する分野の本学教員を検索し、コンタクトを取るに当たっては、本学ホームページの研究シーズ集、研究者総覧等をご参照ください。

(参考)技術シーズ集 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://ntic.nagaokaut.ac.jp/seeds-collection/

    研究者総覧  外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://souran.nagaokaut.ac.jp/index.jsp


※間接経費の算出はそれぞれ以下のとおり。

・本 学:直接経費に対する30%相当額
  例:直接経費100万円の場合、間接経費30万円となり、総額130万円を拠出いただきます。
・各高専:直接経費に対する高専機構及び各高専が定める率の相当額
  例(10%の場合):直接経費50万円の場合、間接経費5万円となり、総額55万円を拠出い
  ただきます。

3.学生の研究成果の発表

(1)高専と長岡技科大の共同研究

高専教員及び本学教員の共同指導による教育効果を発揮するため、代表者が所属する高専の共同研究参画学生が、本学において開催される国際会議STI-Gigakuにおいて、英語によるポスター発表を行うことを応募の条件とします。(参加旅費を計画調書に計上することも可能です。)

また、参画する高専学生が、高専シンポジウム等の様々な機会において研究成果の発表を行うことを強く推奨します。

4.研究期間

(1)高専と長岡技科大の共同研究

本学との共同研究契約締結の日(6月下旬予定)から令和4年3月31日まで

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

共同研究契約締結の日から1年以内

5.助成金額

(1)高専と長岡技科大の共同研究

1,500千円以内/件

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

企業の支出額の同額程度とし、1,500千円以内/件

 ※長岡技科大から高専への採択額については、間接経費は含まないものとする。

6.応募方法等

  1.応募方法

下記URL掲載の計画調書及び承諾書を貴校の事務担当者宛てに提出願います。

(各高専事務担当者を通さない高専教員から本学への直接の提出は無効となります。)

  2.計画調書及び承諾書様式
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(1)令和3年度「高専-長岡技科大 共同研究」計画調書(Excel:28KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(1)令和3年度「高専-長岡技科大 共同研究」参画承諾書(Excel:16KB)

 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(2)令和3年度「高専-長岡技科大-企業等との共同研究」計画調書(Excel:29KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(2)令和3年度「高専-長岡技科大-企業等との共同研究」参画承諾書(Excel:16KB)
  3.高専事務担当者から本学への提出期間

令和3年4月1日(木)から4月13日(火)【必着】まで

※上記は取りまとめを行う事務担当者から本学への提出期間となります。

貴校内での事務担当者への提出期限は必ず事務担当者にご確認ください。

  4.高専事務担当者から本学への提出先

各高専事務担当者が高専内の取りまとめを行い、貴校内での(1)及び(2)それぞれの推薦順位を付した「共同研究助成申請リスト」(ファイル名:00(←高専No.)〇〇高専_R3共同研究申請リスト.xlsx)を添えた上でE-mailにより上記期間内に提出願います。メールの件名は「R3○○高専 共同研究申請」としてください。

申請リスト様式

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(1)令和3年度「高専-長岡技科大 共同研究」助成申請リスト(Excel:18KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(2)令和3年度「高専-長岡技科大ー企業等との共同研究」助成申請リスト(Excel:18KB)

提出先:kosen-renkei@jcom.nagaokaut.ac.jp(長岡技術科学大学 大学戦略課高専連携係)

※応募書類の受領を確認した後、本学から受領確認メールを返信させていただきます。提出後に本学から受領確認メールが届かない場合は、ご連絡願います。

※応募書類は、本制度の審査目的以外に使用されることはありません。応募に関する内容は、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、適切に取扱います。

7.選考方法

選考委員会において、提出された応募書類に基づき採否を決定し各高専に通知します。

なお、本学から、本事業の採択校に対し共同研究申込書の送付はいたしませんので、ご了承ください。

8.成果報告書

(1)高専と長岡技科大の共同研究

  • 事業終了後に成果報告書を提出していただきます。(令和4年4月22日必着)
  • 成果報告書では、本助成をステップとする企業等との共同研究の実施状況、競争的研究資金の獲得状況及び学生のSTI-Gigaku等学会での発表状況等の実績を報告いただきます。また、共同研究による研究成果については、教員・学生共に様々な研究会等において積極的に発表願います。なお、成果を発表する場合には、下記記載例を参考に、本助成の支援を受けて行った研究の成果であることを表示くださるようお願いいたします。

 (記載例)高専-長岡技科大共同研究助成

 Nagaoka University of Technology (NUT)grant for collaborative research with

 National Institute of Technology (NIT)

  • 5の学会等発表状況は、両機関の共同研究者が連名で発表したもの及び学生が発表したものを記入願います。
  • 6の論文等発表状況は、両機関の共同研究者が連名で発表したもののみを記入願います。

   ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和3年度「高専-長岡技科大共同研究助成成果報告書」(Excel:28KB)

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

  • 共同研究契約期間終了後、契約書に定める日までに成果報告書を提出していただきます。
  • 4の学会等発表状況は及び5の論文等発表状況は、両機関の共同研究者が連名で発表したもののみを記入願います。

   ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和3年度「高専-長岡技科大-企業との共同研究助成成果報告書」(Excel:29KB)

なお、本成果報告書は、次年度の「高専-長岡技科大共同研究」の選考にも活用させていただきます。

9.推奨事項

 1.本学では助成の実施に当たり以下の事項を奨励します。また、選考に当たり、計画調書に
  基づく下記事項の実現可能性を考慮する場合があります。

(1)高専と長岡技科大の共同研究

  • 本助成をステップにより多くの件数の、より多額の高専-長岡技科大が連携した企業等との共同研究を実現及び競争的研究資金獲得を実現すること。
  • 本助成をステップにより多くの件数の、より多額の高専-長岡技科大が連携した競争的研究資金獲得を実現すること。
  • より多くの学生に対し高専及び長岡技科大の教員が共同で指導を行うこと。
  • より多くの学生が共同研究の成果の発表を行うこと。

(2)高専、長岡技科大及び企業等との共同研究

  • 本助成をステップに高専、長岡技科大、企業等との3者以上による共同研究を企業が全 額を負担する次のフェーズに発展させること。

 2.本学では国内外の研究機関や企業との今後の新たな共同研究様式として、共用機器の
   遠隔利用による研究の高度化・スマート化を推進しています。本学分析計測センター
   のHPに遠隔利用可能な機器一覧を示しています。ご興味ある方は是非ご覧ください。
   ご質問の問い合わせ先:e-mail: aic@外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。analysis.nagaokaut.ac.jp

10.その他

応募に関してご質問がある場合には、下記の担当者にご連絡願います。

長岡技術科学大学 総務部大学戦略課高専連携係(担当:大塚)

電話:0258-47-9025 e-mail:kosen-renkei@jcom.nagaokaut.ac.jp


お問い合わせ

大学戦略課 高専連携係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9025
電話:0258-47-9026 FAX:0258-47-9020