本文ここから

実務訓練シンポジウム

※令和2年度の実務訓練シンポジウムは、新型コロナウイルス感染拡大の影響から開催中止となりました。

令和元年度(第40回)実務訓練シンポジウム実施要項

1.テーマ

「長岡技術科学大学の実務訓練の未来 - 最新事例に学ぶ!」

2.趣意

 文部科学省が平成30年度に創設した「大学等におけるインターンシップの表彰制度」における取組には大学・高専合わせて77件の申請があり,学生の能力伸長に寄与する高い教育的効果を有し普及のモデルとなる取組が表彰された。平成30年12月に受賞校が発表され,山形大学が最優秀賞を,恵泉女学園大学が選考委員特別賞を,そして本学を含む6校が優秀賞を受賞した。受賞校では,産学連携を基盤として長期インターンシップの草分け的立場にある本学にとっても参考となる新しい取組が実践されている。そこで,同表彰の優秀校やCOOP教育で先進的取組を行う各校より最新の実施事例を紹介いただき、本学実務訓練のさらなる展開を考察する。

3.期日

令和元年5月22日(水曜)

4.会場

長岡技術科学大学 A講義室(中継会場として、B講義室、E講義室も使用)

5.参加者

実務訓練実施機関(平成30年度及び令和元年度)の担当者
長岡技術科学大学教職員及び学生(学部4年生は全員出席)

6.日程

12時40分送迎車 長岡駅大手口発(大学着13時10分)
13時~13時30分受付
13時30分~17時00分実務訓練シンポジウム
17時20分~18時20分全体懇親会(長岡技術科学大学第3食堂)
18時30分送迎車 大学発(長岡駅大手口着19時)

7.プログラム

[総合司会]実務訓練委員会委員長 電気電子情報工学専攻 教授 中川 健治

13時30分開会
13時30分~13時35分挨拶 学長 東 信彦
13時35分~13時50分実務訓練に期待する効果
 副学長(教務担当)和田 安弘
13時50分~14時15分基調講演
「産学連携による1年次中小企業インターンシップの挑戦」
 山形大学 学士課程基盤教育機構 准教授  松坂 暢浩 氏
14時15分~14時30分休憩
14時30分~16時40分パネルディスカッション
「長岡技術科学大学の実務訓練の未来 - 最新事例に学ぶ!」
[司会] 実務訓練委員会委員 機械創造工学専攻 高橋 勉
[パネリスト]
  • 山形大学 学士課程基盤教育機構
     准教授 松坂 暢浩 氏
  • 文部科学省高等教育局専門教育課
     課長補佐 星  幹崇 氏
  • 東京工科大学 工学部機械工学科
     教授 戸井 朗人 氏
  • 仙台高等専門学校 情報工学科
     教授 林  忠之 氏
  • 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科機械コース
     助教 和田 真人 氏
  • セブンシックス株式会社
     技術部マネージャー 西浦 匡則 氏
  • 電気電子情報工学専攻 教授  中川 健治
  • 電気電子情報工学専攻 1年  小海 祐揮
  • 電気電子情報工学専攻 1年  高岡 優衣
16時40分~16時55分質疑応答
16時55分~17時閉会挨拶 実務訓練委員会委員長 中川 健治
17時閉会

お問い合わせ

学務課 教育交流係
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9244、9247 FAX:0258-47-9050

実務訓練