本文ここから

不正アクセスによるスパムメールの送信及び情報漏洩の可能性について(お詫び)

更新日:2020年2月7日

 このたび、本学教員1名分のメールアカウント情報が窃取されたため不正アクセスを受け、当該アカウントから大量のスパムメールが送信されました。メールアカウント情報の窃取から変更までの間、攻撃者が当該教員のメールアカウントにログイン可能であったため、メールボックスに保存されていた令和元年10月2日から10月17日のメールが攻撃者に閲覧された可能性があります。
 今回このような事案が発生し、関係者の皆様に大変なご迷惑をお掛けすることとなり、深くお詫び申し上げます。なお、現在のところ情報漏洩による被害は確認されておりませんが、今回の事案を極めて重大な問題であると受け止め、このような事態が二度と起こらないよう、より一層の情報管理の徹底を図り、再発防止の対策を講じていく所存です。
1 経緯

(1)令和元年10月17日(木)21時8分頃、当該教員からメールサーバ管理者にスパムメールが大量送信されているとの報告がありました。これを受け、メールサーバ管理者が確認を行い、当該教員のメールアカウントのパスワード変更等の対応を実施しました。パスワード変更後、不正ログインは見受けられないことを確認しております。

(2)不正ログイン時にメールボックスに残っていた10月2日(水)から10月17日(木)のメールについては、攻撃者に閲覧された可能性がございます。

2 攻撃者に閲覧された可能性のある情報

(1)送信されたスパムメール件数

66,482件

(2)攻撃者がメールを閲覧できた期間

令和元年10月17日(木)19:25~10月18日(金)23:44

(3)攻撃者に閲覧された可能性のあるメール件数

学内関係者:延べ675件

うち教職員:延べ554件

うち学生:延べ121件

学外関係者:延べ464件

(4)そのうち個人情報が含まれるもの

・学内教職員の氏名、所属、個人電話番号、メールアドレス:延べ3件

・学内学生の氏名、学年、所属、学籍番号、メールアドレス(一部、家族の氏名・住所・電話番号の情報含む):延べ30件

・学外者の氏名、所属、住所、電話番号、メールアドレス(一部、履歴書の情報含む):延べ18件

3 情報漏洩の可能性がある方への対応

 該当される方に対しては、お詫びと該当情報等の状況説明のため、個別に対応を行っております。

 なお、現在のところ外部への流出等の被害は確認されておりませんが、発生した場合は、適切に対処していく所存です。

4 再発防止に向けた今後の取組み

(1)今回の事案を極めて重大な問題であると受け止め、アカウントの適切な取扱いについて、全教職員に対し、注意喚起を行いました。

(2)個人情報を含む機密性の高い情報については、暗号化やパスワード設定等の対策を必ず講じ、このような事態が起こらないよう、より一層の情報管理の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。


令和2年2月7日        

国立大学法人長岡技術科学大学長 

東  信 彦


【本件問い合わせ窓口】
 長岡技術科学大学総務部総合情報課
 TEL:0258-47-9219

お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010

大学からのお知らせ