本文ここから

個人情報が保存されているノートパソコンの盗難について(お詫び)

更新日:2019年1月15日

 このたび、本学教員が、海外出張中に、盗難によりノートパソコンを紛失する事態が発生しました。当該ノートパソコンには、学生の個人情報が保存されていることが判明しました。
 該当学生及び父母等の皆様には、多大なるご心配をおかけすることになりましたことを深くお詫び申し上げます。
 なお、当該ノートパソコンには、ログインに際しては、パスワードが設定されていました。現時点で、本件に係る個人情報が第三者に流出したという情報や不正に使用された事実は確認されておりません。
 これまでに本学が確認した事実と今後の対応について、下記のとおりご報告いたします。

1 経緯

(1)平成30年12月12日(水曜)10時30分頃(日本時間)、当該教員が海外出張中にノートパソコンの盗難被害にあったとの連絡を受ける。当該教員に係るアカウントの不正ログインを防ぐため、速やかに当該教員のメールアカウントの停止、パスワードの変更を行った。
(2)平成30年12月14日(金曜)10時頃、帰国した当該教員より事実内容の確認を行った。

  • 発生日時:日本時間:平成30年12月11日(火曜)午後6時30分頃
    現地時間:平成30年12月11日(火曜)午前10時30分頃
  • 発生内容:国際学会に参加していた際、学会の休憩時間内に当該ノートパソコンの入った鞄を置いて離席し、席に戻ったところ、当該鞄が紛失していた。当該教員は、学会主催者に報告し会場内を捜索したが見つからなかったため、盗難と判断し、その直後に現地警察に被害届を提出したが、現在のところ、当該ノートパソコンは発見されていない。

2 個人情報の内容

(1)当該教員が担当する授業科目のデータ(氏名、学籍番号、点数)

  1. 学部担当科目:5科目 履修者:実人数 169名分
  2. 修士担当科目:5科目 履修者:実人数 215名分

(2)当該教員の研究室名簿(13名分の氏名、学籍番号、メールアドレス、携帯電話番号)

3 該当学生及び父母等への対応

 該当学生及び父母等に対して、お詫びと該当個人情報等の状況説明のための文書を送付させていただきました。

4 再発防止に向けた今後の取組み

(1)今回の事案を極めて重大な問題であると受け止め、個人情報を含むデータの取扱いについて、全教職員に対し、注意喚起を行いました。
(2)個人情報を含む機密性の高い情報については、暗号化やパスワード設定等の対策を必ず講じ、このような事態が起こらないよう、より一層の情報管理の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。

平成31年1月15日
国立大学法人長岡技術科学大学長
東 信彦

本件問い合わせ窓口

長岡技術科学大学総務部大学戦略課企画・広報室
電話:0258-47-9016
E-mail:skoho■jcom.nagaokaut.ac.jp(■=@)

お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010