本文ここから

新入生のみなさんへ【学長メッセージ】

更新日:2021年4月5日


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。新型コロナウイルスの影響から、今年度の入学式は残念ながら中止となりましたが、その代わりとして学長メッセージを配信いたします。


ようこそ長岡技術科学大学へ

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。私は、本年4月1日に本学の新学長に就任しました、鎌土です。長岡技術科学大学の教職員を代表しまして、心より歓迎するとともに、例年とは異なる大変な環境の中、日々誠実に努力を積み重ね、晴れて本学に入学されました皆さんに敬意を表したいと思います。また、これまで皆さんを支えてこられましたご家族の皆様にも心からお祝い申し上げます。

さて、皆さんは、この春から、全国或いは世界各国から親元を離れ、この長岡の地で、かけがえのない貴重な時間を多くの仲間と共有します。本学は、留学生数が全学生数の約13%と、国内でも有数の国際性豊かな大学です。これからの大学生活の中で、多様な考え方や異なる文化に触れ、互いに認め合いながら、是非、多くの友人との出会いを大切にしてください。大学で出会った友人は、皆さんにとって生涯の大きな財産となるはずです。

本学の新型コロナウイルス対策について

今、新型コロナウイルス感染症の拡大は、欧米等諸外国だけではなく、日本においても、まだ深刻な状況が続いています。本来であれば、入学式で皆さんに直接お祝いの言葉を伝えたいところでしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、苦渋の決断ですが、入学式の開催を断念するという結論に至りました。誠に残念ではございますが、ご理解賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

学生の皆さんには、現在の感染状況を十分にご理解いただき、自身の感染を防ぐことと併せて、
感染拡大につながる行動は厳に慎んでいただくよう強くお願いします。

大学もこれまでにない試練が続いています。大学としましては皆さんの安全を最優先し、新たな生活様式下にあっても、情報技術を活用したオンライン、オンデマンド、対面-オンラインハイブリッド型の授業を進めるなど、皆さんの学修と生活を支援していくことに、教職員が一丸となって取り組んでいます。

このような状況下であっても、緊張感を持ちつつ、勉学には平常心を持っていそしんで欲しいと思います。なお、キャンパス内での授業が無い間も、大学からは皆さんの学修や生活の上で必要な情報を逐次配信していきますので、大学ホームページや学生向けメールを常に注視していただきたくお願いします。

特色ある本学の取組について

本学は、1976年に実践的な技術の開発を主眼とした教育研究を行う、大学院に重点を置いた工学系の大学として、高等専門学校卒業生を主たる対象とする新たな構想のもとに設置されました。それ以来、1万人以上の指導的技術者を社会に輩出し、産業界に貢献してまいりました。

皆さんは、これから、実務訓練と称する約5か月間の企業等での長期インターンシップ等、他大学に類を見ない本学の特色ある実践的工学教育を受け、新しい知識や技術を学んでいきます。

自らを磨く糧として貪欲に吸収し、或いはその本質の探究に努め、その学びの過程を通して皆さんの「考え生み出す力」をしっかりと育んでください。

さらに、本学は従来から「持続可能な発展」を強く意識し、産業界との共同研究を通じた研究開発成果の社会実装はもとより、国連によって掲げられています持続可能な開発目標、SDGsの達成に向けた教育教材の開発や、国際会議の開催、SDGsを取り入れた工学教育プログラムを整備する等、持続可能な世界の実現に向け、積極的に取り組んでまいりました。2018年には、ユネスコから日本の工学系大学初のユネスコチェアプログラムに認定を受けるとともに、これまでの取組が国連から高く評価され、アカデミック・インパクトSDGsゴール9の「産業と技術革新の基盤をつくろう」のハブ大学にも任命されました。また、2019年には文部科学省の卓越大学院プログラムとして、「グローバル超実践ルートテクノロジープログラム」も採択されました。これはSDGs解決に資する産業全体の根幹をなす「ルートテクノロジー」の知のプロフェッショナルを、国内外の企業や海外連携大学とともに養成することを目指すものです。本学が2014年に採択されましたスーパーグローバル大学創成支援プログラムと合わせて、本学は日本でも有数のグローバルな教育環境と卓越した研究の拠点となっています。

実りある大学生活になることを祈念して

皆さんは、世界各国からの留学生や教員・技術者・企業人とともに学び、研究活動等を進めることにより国際力を身に着けることができます。是非グローバルに活躍するエンジニアを志して欲しいと思います。諸君はどんどん海外に出て行って、国際人となり、多くの価値観や思考、教養、文化を涵養してください。真の国際人になるためには、日本の文化の特徴や価値観を良く知ることも重要です。そして諸外国との文化の違いを良く知ったうえで、外国の異文化に接して、その国の文化を良く理解するとともに、自らが国際社会の中で理解されるよう努力してください。また、改めて日本の歴史や文化への理解を深め、これから縁あって過ごす長岡で出会う地域の方々との交流や、地域文化に触れることも大切にしてください。

最後に、開学以来のモットーである本学のVOS、すなわちVitality(活力)、Originality(独創力)、Services(世のための奉仕)の精神をもって、皆さんのこれからの学生生活が、より充実した日々となることを祈念いたしまして、歓迎の挨拶とします。

令和3年4月5日
長岡技術科学大学長 鎌土 重晴

お問い合わせ

大学戦略課 企画・広報室
〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1
電話:0258-47-9209 FAX:0258-47-9010