学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

12
前のページ 次のページ

流体工学研究室

教授/高橋 勉  助教/吉武 裕美子  技術専門職員/山田 修一

教授高橋 勉

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教吉武 裕美子

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

技術専門職員山田 修一

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • πανταρει(パンタ・レイ:万物は流転する)
  • 流れを制する者は世界を制する!
  • よく学び、よく遊べ

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

高橋 勉 先生
先生はお忙しい中も学生のことを第一に考えてくださり、研究や就職活動はもちろん私生活についても相談にのってくださります。また、先生は幅広い分野で活躍されているので、私たちの研究の可能性を広げてくださります。学会発表や共同研究、留学の機会も多くあり、自身の成長も実感できます。

研究内容

【風組】
風や水の流れによって引き起こされる流体関連振動は事故の原因になることもあるため、制御することが大切です。振動物体の後ろに別の構造物を配置することで構造物に触れずに振動を制御する後流物体干渉法による制御技術を開発しています。
【レオ組】
化粧品やペンキ、セメントなどの複雑流体は空気や水と異なる挙動を示すため、産業界では複雑流体の流れの解析に対して大きな関心が寄せられています。この要望に応えるため高速度カメラでの流動観察、レオメータによる物性測定などにより研究を行っています。

クリックで拡大します

縦渦により駆動される円柱翼型風車

研究室の一日

私たちの研究室には基本的にコアタイムがありません。なので、朝早く来て実験をする人もいれば、夜遅くにゼミの準備をしている人もおり、研究の進み具合は学生の自主性にまかされています。また毎週いくつかのゼミがあります。1つは英語で書かれた参考書や論文を用いたもので、先生の流体に関する話も交えながら、専門知識や英語力を身に付けます。それとは別に週に一度研究の進捗状況を報告し、その内容について議論し合い、今後の研究方針を決めていきます。興味を持った方は、ぜひ一度見学に来てください。

クリックで拡大します

複雑流体の物性を測るレオメータ

修論・卒論テーマ

  • (卒)縦渦を駆動力とする円柱翼風車の動力特性に及ぼす翼長の効果
  • (修)疑似二次元細隙間流れを用いた平行平板間の毛管現象に関する研究
  • (修)形状異方性を持つ粒子懸濁液の流動配向と粘度異方性の関係
  • (修)十字交差円柱・平板系で発生する縦渦励振現象に及ぼす縦渦流出位置の影響
  • (修)ひも状ミセル水溶液のずり粘ちょう化及びシアバンド発生時の構造変化に関する研究

博士後期課程修了者数 16名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • YONEX
  • 三菱化学エンジニアリング
  • 東電設計
  • 日産自動車
  • YKK
  • Canon
  • スズキ
  • フォトロン
  • 花王
  • J-Power
  • 資生堂
  • 日機装
  • 日本精機
  • 三条機械
  • 三菱自動車
  • 三菱重工業
  • 三菱電機
  • 日立プラントテクノロジー
技術科学イノベーション専攻 GD1 坂本 夏澄(富山高専出身)