学生が書いた 研究室ガイドブック 2018

13
前のページ 次のページ

雪氷工学研究室

教授/上村 靖司  助教/高田 守昌

教授上村 靖司

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
J-GLOBAL

助教高田 守昌

研究者総覧 長岡技術科学大学 研究者総覧
  • 毎朝早起:朝ゼミで理想的な生活リズムを!!
  • 一期一会:その機会はもうないかもしれない、後悔しないよう挑む
  • 実践躬行:口先だけではなく、まずは行動せよ

クリックで拡大します

うちの先生

クリックで拡大します

上村 靖司 先生
とても面白く、気さくな先生です。ゼミでは面白い話、まじめな話ともにわかりやすく説明してくれます。ボランティアや研究に関係ない講演などの活動も積極的に行われていて、何の専門の方かわからないぐらい多方面で活躍されています。

研究内容

上村研究室では雪氷工学という名前の通り、雪や氷に関する研究をしています。雪国で暮らす人々にとって雪は大きな障害となります。当研究室では、雪による災害(雪害)の被害データをまとめ、その災害を防ぐための研究を行ったりしています。一方、雪や氷はエネルギー資源としての利用(利雪)も期待されており、有害鳥獣の撃退のために環境に配慮した氷の弾を放つ銃や、綺麗な氷の製氷技術の開発等に取り組んでいます。雪氷工学という世界的にも珍しい研究室ならではの研究テーマで、各々が研究に取り組んでいます。

クリックで拡大します

放射冷却を利用して生成した無気泡単結晶氷

研究室の一日

○コアタイムなし
当研究室にはコアタイムがなく、自分のペースで研究を進められるためアルバイトやサークル等の活動にも力を入れることができます。但し計画を立て実行していかなければ研究が進まないのでご注意を。
○朝ゼミ
毎朝8時からのゼミがあります。内容は様々で各自の研究進捗報告やプレゼン力向上のためのライトニングトークやワークショップ、さらに英語の勉強会等を行っています。
○イベント
春は花見、夏は花火観覧、秋はBBQ、冬は鍋といった季節ごとに色々なイベントを行っており非常に楽しい研究室です。

クリックで拡大します

研究室内の様子

修論・卒論テーマ

  • (卒)Frost Wallによるふく射冷房の効果測定
  • (修)凍結・融解過程を利用したトリチウム水濃縮の試行
  • (修)除雪量と除雪動作を判定するスマートスコップの開発
  • (修)フィルンコア試料の高精度連続融解装置の開発

博士後期課程修了者数 1名

こんな研究機関、企業に就職しました

  • DOWAホールディングス
  • Pioneer DJ
  • 日揮
  • 富士重工業
  • アズビル
  • 住友重機械工業
  • 理想科学工業
  • 富士通フロンテック
  • アドバンテスト
  • マイナビ
  • キトー
  • テルモ
  • 東芝ホームテクノ
  • 興和
  • 東京エレクトロン宮城
  • ヤマザキマザック
  • ニイガタマシンテクノ
  • エヌエスアドバンテック
機械創造工学専攻 M1 増田 宗一郎(滋賀県立八日市高校出身)